旧車カタログ博物館 その他商品


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

MURZ 松下のマーツ電気扇 1936年(昭和11年)

松下電熱株式会社
製造

「マーツ」は、社名の「松」の字から命名されたようだ
型式 M-356型
16インチと12インチモデルがある
色は黒色とクリーム色

価格は12インチ黒色26円、12インチクリーム色27円、16インチ黒色35円

ゼネラル 扇風機 Hi cool 1985-3

パステルの涼風は、夏のインテリア
ピンク、ブルー、グリーンの3色

お座敷扇F-6F6形、壁掛扇F-6FT形、卓上扇F-6F4形、リビング用扇F-6FG形

羽根の直径は30cm

YASHICA ヤシカ エイト/8P/エディター 1959年

楽しい8ミリ映画はヤシカエイト・ヤシカ8P・ヤシカエディターで・・・

完全テープシンクロ録音方式を採用した・・・ヤシカ8P映写機!

シャッターを押すだけで映画が作れるという扱い方のやさしいシネ、ヤシカ8S

ASAHI PENTAX SV/スーパーS2 1962年

アサヒ・ペンタックス

SVは自動復元式フイルム・カウンター、リモコン式セルフタイマー装備

スーパーS2は発表以来4年目、一眼レフの代表として圧倒的人気を集めたベストセラーS2に、完全自動絞りスーパータクマーF2を装着

小西六 コニカ オートデート 1982-9

ジャスピンSuperオートデート、ジャスピンSuper、ジャスピンコニカ オートデート、ピッカリコニカ オートデート、ピッカリじゃーにー オートデート、ピッカリコニカ カラーハンディ

コニカなら、先進のオートデート

広告キャラクターは「井上 順」&「近藤 真彦」

IDO ハンディフォン MINIMO ミニモ 1990年

超小型・軽量で新登場!
手のひらサイズの約298g!
オシャレなミニモ

ハンディフォンミニモセット価格(例)
ご契約時の一時金・・45,800円
ハンディフォンミニモセット・・39,800円
消費税3%・・2,568円
保険料(3年間)・・8,100円
合計96,268円

携帯電話 ドコモ デジタル・ムーバD501iハイパー 1999-6

三菱電機 製造

フリップを閉じたままでスマート操作。イージーセレクト搭載
e-mailや情報番組も楽しめて普通のケータイ・サイズ

iモード対応の初期モデル

DoCoMo by ERICSSON ER207 1999-8

デジタル方式(800MHz)

スウェーデンは、携帯までオブジェにしてしまった
スタイリッシュ・モバイル、日本上陸

個性を演出するメタル素材採用
洗練と使いやすさを実現したフリップ

スズキ SUZUKIサイクル 総合版 1977-4

3輪サイクル、レジャー、スポーツ、軽快車、子供車など豊富なラインナップ

車名の、インパルス、サベージ、スワニー、エブリー、マイティボーイ、ファンファンなどは、後年自社のバイクや自動車にも使用されている

子供車のキャラクターは「ゴレンジャー」、12、16、18インチが揃っている

スズキ スカイヤング 新発売 1978年頃
アルミ合金のキャスティングホイールを装着
ペダルを踏まなくても、ギヤチェンジ操作だけで変速OKの、FFシステム。FFシステムと連携し、小気味よいシフト感覚が評判のPPSシステム
抜群の制動オイルディスクブレーキ
愛車を守るためにハンドルを完全にロックする「パーフェクトロック」

ツノダ TU スポーツ 1977年頃
グランプリ&サターンシリーズ
トップモデルは「サターン ロードH」
総重量9.8kg!
細心の高性能とチューブラーホイル
快走のロードレーサー
フレームは普通鋼の約2.5倍の抗張力をもつクロームモリブデン鋼製

山口の自転車 1962年頃
レジャー用、婦人用、ツーリング用、軽快車、実用車、高級車など豊富なラインナップ
この後、山口自転車はオートバイ販売の過当競争のあおりで倒産した

ヤマハ BICYCLE OFF ROAD FULL LINE Up 1977年頃

スポーツマインドが冴える<YAMAHA OFF ROAD BICYCLE>

トライアルBTR-20・モトクロスBMX-20・マウンテンバイクMTB-26/MTB-20・モトバイクMB-5/MB-3

東芝 カークーラー 1962年

東芝カークーラーは空気を冷やすだけでなく、湿気やホコリも取り除くエアコンディショニングの働きもする最高級品です

クラリオン 自動車ラジオ 1961年頃

帝国電波株式会社

ナショナル オールトランジスタ 自動車ラジオ 1961-4

オールトランジスタ自動車ラジオ
AT-353,AT-354,AT-359,AT368

ポータブル兼用自動車ラジオ
ATP-99A,ATP-99B

ナショナル オールトランジスタ 自動車ラジオ 1961-7

オールトランジスタ自動車ラジオ
AT-353,AT-354,AT-359,AT368

ポータブル兼用自動車ラジオ
ATP100

ナショナル オールトランジスタ 自動車ラジオ 1962-4

オールトランジスタ自動車ラジオ
AT-353,AT-354,AT-369,AT362

ナショナル オールトランジスタ 自動車ラジオ 1962-8

オールトランジスタ自動車ラジオ
AT-353,AT-354,AT-369,AT362

神戸工業 TEN テン オートラジオ 1961年頃

AR-68

ND 日本電装 デンソーイグナイターコイル 1975-12

始動性能が大幅にアップし、1発で始動する!

ミススパークがなくなるため、燃焼効率がよくなり燃費が少なくなる!

加速性が向上!

CO、HCが減少!

ニッサン 純正部品 イグニッションコイル 1958年

低速時、高速時、冷えた時でも強力な火花で発火が容易

自動車の動揺や湿気にも真空浸潤により完全に絶縁され、性能は変わらない

汚れている時でも、強力なエネルギーで容易に点火

一次電流が少ないのでバッテリーやその他の電装部品も傷まない

東洋工業 トーヨーさくがんき TYシンカー 1960-1

TY16(TY16F)
TY20(TY20F)
TY24C(TY24FC)

性能、耐久力ともに申し分なくしかも使いやすいTY型シンカー

東洋工業 トーヨーさくがんき レッグドリル 1960年

TY16-LD

掘進技術の革新がもたらした小口径穿孔むきのレッグドリル

東洋工業 トーヨーさくがんき ビット.ロッド 1960-9

TY型

打撃も、回転も、ひときわすぐれていてそのうえ使いよい・・・・・

1947年 サーブ Saab 21A 戦闘機

1947年 サーブ Saab 21R 戦闘機

1952年 サーブ Saab 29 戦闘機

1952年 サーブ Saab 90 A-2 Scandia 旅客機

1952年 サーブ Saab 91B Safjr 練習機

新潟鐵工所 ゆめじ丸 進水記念 1956.3.23

佐渡汽船
全長62.350m
エンジン連続最大馬力1,800馬力
回転数330回転
旅客定員1,200名

南極観測輸送支援 砕氷艦 ふじ 海上自衛隊

進水年月日 昭和40年3月18日
就役年月日 昭和40年7月15日

氷厚1.5mまで連続砕氷
比較的薄い氷は、本艦の強力な推進力で連続砕氷して進みますが、氷が厚くなると艦の前進力による大きなエネルギーで氷に当り、これを砕き、艦の惰力がなくなると艦を前後左右にゆさぶって後退し、再び惰力をつけて体当りする方法(チャージング)を繰返して進みます

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る