旧車カタログ博物館 BMW


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

BMW M1

シャシーの開発はランボルギーニ
デザインは「イタルデザイン」によるもの
M-88型・3453cc・直列6気筒DOHCエンジンは、ミッドシップに搭載
277ps/6500rpm

このカタログは本国ドイツ語バージョン

BMW M1 英語版 1978年

BMW Mortorsport Gmbh 製造
'70年代後半〜のシルエットフォーミュラRACEブームはBMW M1の功績が大きい

構成はドイツ語版と同じ

BMW M635CSi 1983年

BMW Mスポーツ製造

DOHC4バルブ・6気筒エンジンは最高出力286PS
最高速度255km/h
0→100km/h加速6.4秒
0→1000mは26.4秒で到達する

ミシュランTRXタイヤはF220/55VR390、R240/45VR415
BBSアルミホイール装備

BMW 635CSi M6 1987年

US仕様

M6はBBSアロイホイール装備
5速ギアボックス
シフトレバーはショートスチックで、素早いチェンジが決まる
エンジン最高出力・256hp/6500rpm
リアスポイラー装着

BMW M3 M5 M6 1987年

M1がシルエットフォーミュラ用でしたが、M3は新カテゴリのグループA制覇のために作られました
Mパワーエンジンは直4DOHC・2302cc
最高出力195ps/6750prm
LSD装備
ツーリングカーレースでは好成績を上げ、成功を収めました

BMW M-SERIES 1990年

M5
M
3

USA版

BMW M5 1991年

モータースポーツで培った、力強い動力性能を犠牲にすることなく、ゆとりある室内、十分な広さを持ったトランクスペースをフルに使用できるセダン
BMW Mパワー・エンジン搭載
直列6気筒3535cc・DOHC24バルブ・315ps/6900rpm
高性能サスペンションはフロントアクスルにダブルジョイント・スプリングストラット、リヤアクスルにセミトレーリングアームを採用
50対50の前後の重量配分

BMW M3クーペ 1997-4
BMWの市販車にモータースポーツのテクノロジーをフィードバック
直6DOHCエンジン・3201cc
最高出力321ps/7400rpm
トランスミッションは6速MT
スポーツシートは、ハードコーナーでもドライバーをしっかりサポート
レーシングカーのテクノロジーを受け継いだマルチコンポーネント・ブレーキが信じられないようなストッピング・パワーを発揮

BMW M3クーペ 1997-10
モータースポーツの最先端テクノロジーを移植
シフト・チェンジがさらに俊敏に決まる
シーケンシャルMトランスミッション(SMG)はクラッチ操作なしで、シフト・チェンジを0.4秒という速さで行うことができる
ドライバーがすべきことは、シフト・アップする時にレバーを手前に引き、シフト・ダウンする時はレバーを前方に押し出すのみ
絶妙なタイミングでクラッチ操作を自動的に行う

BMW 3200 CS

日本では馴染みが薄いですが、車名の通り3.2リッターエンジン搭載

1963年モデル

BMWお決まりのフロントマスクです

BMW 2800 CS 1969年

2ドアクーペモデル

パワーユニットは6気筒・2788cc
最高出力170bhp/6000rpm
4速マニュアルトランスミッション(オプションでATあり)

4輪独立懸架サスペンション

トップスピードは205km/h

BMW 2800 Coupes CS/CSA 1970年

BMWのフラッグシップ
USモデル

最高出力192bhp/6000rpm(SAE)
4速マニュアルトランスミッション(CS)・オートマチックマニュアルトランスミッション(CSA)・

0→60mph 8.7秒
トップスピードは128mph

BMW 1800TI 1964-11

水冷4気筒・1773cc・124hp/6000rpm(SAE)
4speed
車重1040kg
最高速度170km/h
0-100km/h 11.8秒

BMW 1500 1964年モデル

1500ccのセダン

この後のBMWセダンの原型と言えるモデル

BMW LS Luxus 1962

697ccエンジン搭載の小型セダン

全長3860mm

最高出力32HP at 5000rpm(DIN)
    38HP at 5300rpm(SAE)

最高時速は120キロ

BMW 735i/745i 1985年

BMWの超高級セダン

全長4,860mm
全幅1,800mm

エンジンは直列6気筒
745iは排気量3,430ccにターボを搭載
最高出力252ps/4,900rpm(日本仕様)

BMW 735i 1986-10

ニューBMW735i
高度な開発目標をクリアし、超高級リムジンに新たな基準を確立

徹底的な風洞実験から生まれた、洗練の空力スタイリング
新開発された洗練の直列6気筒エンジン
自己診断機能を有する新3世代DME/デジタル・モーター・エレクトロニクス(モトロニックIII)

BMW 735i 1988年

21世紀に向けて疾走する、BMWの新世代フラッグシップ
エアロ・ダイナミズムを追求して改良されたラジエーター・グリル、丸みを帯び流れるようなボディ・ライン
そこには最良のエレガンスが息づく
フェンダー部にはバルジが設けられ、超偏平タイヤの装着が可能になり、スポーティな表情を作り上げている

新開発された新設計の直列6気筒エンジン
3430cc・211ps/5700rpm

BMW 735i/735iL 1989年

735iL
ひと回り大きなゆとりを生む、
充実したロング・ホイールベース
735iのホイールベースを、さらに114mm延長(2945mm)

BMW 7-SERIES 1990年モデル

735i
735iL

USA版

BMW 7シリーズ 1990-9

730i
735i
735iL

日本語版

BMW 628CSi/633CSi/635CSi 1980年

残念ながら日本仕様車は633CSiAのみ

635CSiのエンジンは、M1のエンジンをベースに開発されたもの
3.5リッターエンジンは218ps

サスペンションはタフなスポーティ・タイプになっている
ホイールは6×14
タイヤは195/70VR14

BMW 633CSiA 1981年

美しいボディスタイルを持つクーペ

車名の「A」はautomaticを指す

SOHC6気筒エンジンは3,210cc
最高出力175ps/5800rpm(日本仕様)

BMW 628CSi/635CSi 1983年

本国版カtログ

628CSi
SOHC6気筒エンジンは2788cc
最高出力184ps/5800rpm

635CSi
SOHC6気筒エンジンは3430cc
最高出力218ps/5200rpm

BMW 635CSi 1988年

市販車に近いグループA規格のFIAヨーロッパ・ツーリングカー・チャンピオンシップ(1986年)を獲得

SOHC6気筒エンジンは3,430cc
最高出力211ps/5,700rpm

M6はDOHC24バルブエンジン(260ps/6,500rpm)を搭載

復元機能を持ったバンパー・システム装備

BMW 520/520i 1972-8

5シリーズ・デビュー

520
4気筒1990cc・115ps/5800rpm
最高速度173km/h
0-100km/h 12.3秒
520iは、130ps/5800rpm
最高速度183km/h
0-100km/h 11.1秒

BMW 518i/528e 1982年

ニュー5シリーズ

ニュー528eはCd=0.385という、このクラスとして最もすぐれたボディ・ラインを誇る
ETAエンジンは3250rpmという低回転域で最高トルク23.4kgm、4250rpmで最高出力120馬力を発揮する

シャーシーは7シリーズにも劣らない

BMW 518i/528e/533i 1983年

ニュー533i登場
733i、633Csiにも搭載の最新鋭のエレクトロニクス・システムの粋を結集して生まれた高性能エンジン
最高出力180ps/6000rpm

BMWは、革新的なエレクトロニクス技術で自動車工学に新たな時代を築く

ABSは安定した制動効果を発揮する

BMW 528i/524td/528e/M535i 1985年

ニューBMW535i
トップクラスのスポーティ車の代名詞です。

ニューBMW528e
革新的スピリットが、来るべき新時代を予言します。

ニューBMW525td
より速く、よりダイナミックで、より洗練された車

BMW 520i/528e/M535i 1987年
シリーズトップモデルはM535i
クラス最高のパフォーマンスを誇る直列6気筒3.5リッターエンジン
最高出力185ps/5400rpm(DIN)
DME/デジタル・モーター・エレクトロニクスによってコントロールされる
最高速度230km/h
優れたエアロ・ダイナミクスを発揮するボディと同色のフロントおよびリヤのスポイラー、サイドスカート、スポーツシートなどのM-テクニカルパーツを装備する

BMW 5-SERIES 1990年

525i
535i

USA版

BMW 520i 525i 535i 1991-9

5シリーズは独創性とエレガンスを感じさせるスタイリングの中に、最高レベルの品質とパフォーマンスを融合させている

520i、525iともに新開発のパワーユニットを搭載
520iは直列6気筒2リッターDOHC24バルブ、525iは直列6気筒2.5リッターDOHC24バルブ・エンジン搭載
535iは完成度を極め、パワーあふれる直列6気筒3.5リッターエンジン搭載

BMW 316/318i/320/323i/320i/320iA 1978-5

コンパクトな高性能車
日本の正規輸入は320i/320iAのみ
ヒーティング/ベンチレーション・システムは大型車並みの性能
320iのエンジンは4気筒OHC・1990cc
最高出力105ps/5,500rpm
燃料供給装置は、ボッシュのKジェトロニック式フューエルインジェクション
51年度排出ガス規制適合

BMW 318i/318iA(日本仕様車) 1980年

大型車と小型車の両極端の調和から生まれたBMW3シリーズ
サイズは小さくても、大型車なみの実力を持つ車

水冷直列4気筒・1766cc・100ps/5800rpm
ボッシュKジェトロニックフューエルインジェクション
前後のバンパーは、ボディ側面まで大きくまわりこんだラップアラウンド式
バルコム トレイディング 発行

BMW 318i 1981年

シャシーは防蝕塗装を電気泳動浴槽の中で下塗りし、その上に何層もの塗装を施している
ボディの下回りには、入念なアンダーコーティング
ボディの空洞部は、BMW独自の方式で隅々までシーリングされている

新設計のドアミラーは、たいへん見やすい大型

BMW Japan 発行

BMW 316/318i/320i/323i 1983年

本国版カタログ
4気筒エンジン搭載の小型セダン
2ドア、4ドアモデルのラインナップ

316は、1766cc・90ps/5500rpm
318iは、1766ccインジェクション付・105ps/5800rpm
320iは、1990cc・125ps/5800rpm
320iは、2316cc・150ps/6000rpm

BMW 318i/325i 1985年

ニューBMW325i

直列6気筒エンジン
2693cc・100ps/4250rpm

ニュー318iにはバケット・シート
ニュー325iには
新開発のサポート・シートを採用

BMW 318i/320i/325i/325iC/325iX 1986-10

325iX
BMWはまったく新しいテクノロジーを開発し、従来の4WDコンセプトを完全に凌駕
最高のレベルの安全性を実現した前後非対称パワー・トルク配分(前:37%、後ろ:63%)、セントラル・ディファレンシャルと内蔵された「セルフロッキング・ビスカス・カップリング」4WD機構と完璧にマッチしたABS/アンチロック・ブレーキング・システム

BMW 318i/320i/325i 1988年

高級コンパクト・クラス

エンジン、オプションや特別装備など、豊富なバリエーションが揃う

ボディ各部の必要箇所すべてに亜鉛コート処理

BMW 320i Cabriolet 1989年

オープンエア・ドライビングの世界
カブリオーレにとって最も大切なことは、ルーフをたたむだけで完全なフルオープンになること
わずかな操作だけで、ルーフの折りたたみ収納が可能
ルーフ装着時にはボディと密着し、風雨をシャットアウト
直列6気筒2リッターエンジン搭載
最高出力は129PS(DIN)
サスペンションは、F:ストラット、R:セミトレーリング・アームの4輪独立懸架

BMW 318i/320i/325i/325iX 1989年

クラス・リーダーの水準
コンパクトなボディに最高級車の英知を結集

ボディ各部の必要か所すべてに亜鉛コート処理
さらに進化したパワーユニット

325iX
4WDを進化させた、画期的なドライブ・システム

BMW 3-SERIES 1990年

318i
318is
325i
325iX

USA版

BMW 3シリーズ 1990年

318i
320i
325i

日本語版

BMW 3シリーズ 1991-3

318i/320i/325i

ニュー3シリーズのパワーユニットは3タイプ
直列4気筒1.8L、直列6気筒2.0Lおよび2.5Lエンジン
最新のエレクトロニクスを、ふんだんに導入

前後のアクスルに50対50の理想的な重量配分を保っている
コックピットは美しく、操作も快適

BMW 3シリーズ クーペ 1992-3

320iクーペ、325iクーペ

独創性とエレガンスをあわせもつスタイリング
ダイナミックなパフォーマンス
水冷直列6気筒DOHC
2493cc・192ps/5900rpm(325i)

BMW独自のアナログ・メーターからは、ドライバーに多くの乗用な情報を知らせる

BMW 3シリーズ 1994-9

318i/320i/325i

エレガントなデザイン、卓越したサスペンション、そして進化したパワーユニット
320i、325iには、直列6気筒24バルブDOHCエンジンを搭載
318iに搭載された直列4気筒エンジンには、新たにDISA(共鳴過給吸気システム)が装備され、さらなる進化を遂げた

BMW 318ti 1997-10

コンパクトに凝縮された、ビッグな思想

高効率のパワー・ユニット、洗練されたサスペンション、高品質のインテリア
コンパクトなボディーでありながら、トップクラスのクオリティを実現

直4DOHC16バルブ・1895cc・140ps/6000rpm
電子式油圧制御オートマチック・トランスミッション

BMW Z8 1999年

時の流れに色褪せることなく、流行にも流されない、理想のオープン2シーターモデル
5リッターV8型DOHCエンジン搭載
0-100km/hをわずか4.7秒で駆け抜ける
最新のキセノン・ヘッドライトを採用
標準装備のDSCは、濡れた路面・雪道・砂利道などの滑りやすい路面において、発進時やコーナリング時に起きるホイール・スピンを防ぐASC+Tをさらに発展させたもの

BMW Z3ロードスター 1998-10

オープン2シーター
エンジンは2.8リッターの直6・1.9リッターの直4の2種
ハイパフォーマンス・マシンのMロードスターもラインナップ
Mロードスターは直6DOHC24バルブ・3201cc・321ps/7400rpm
0-100km/わずか5.4秒
Mレザー・ステアリング・ホイール、レッドで染められたメーター指針、そして時刻、外気温、エンジン・オイル温度を表示するセンター・コンソールのメーター装備

BMW Z3 ロードスター/クーペ 2002-6

ラインナップは、ロードスター2.2i、2.0i、クーペ3.0i

光と風、そして風景と一体となるロードスターは、まさにピュアなドライビングの歓びをもたらす
最新のテクノロジーを導入し、クラシックなロードスター・フィーリングに、現代的なデザインと最高レベルの安全性を融合させた
Z3クーペ3.0iは最高出力231ps/5900rpmを発揮する直列6気筒3リッターエンジンを搭載

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る