旧車カタログ博物館 その他国内メーカー くろがね、ホープなど


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

東急くろがね工業 くろがねベビー KB-360 1959年

軽自動車は車検不要だった時代の360ccモデルです
4サイクル水冷2気筒エンジン・総排気量356cc
最高出力18HP/4500rpm
全長2990mm、全巾1278mmとコンパクトで、まさに”ベビー”です
最大積載量350kg

東急くろがね工業 くろがねベビー KB360 1960年

ラインナップ追加
キャリヤー・コマーシャル・キャンバスワゴン

リヤーエンジンで、荷物をボディ中心に積めるため、ショックが少なく荷が傷まない
4輪独立懸架装置は乗り心地満点

東急くろがね工業 くろがねベビー KB360 1960年

軽貨物車のニュールック
”くろがねトラック”の姉妹車
ライトバン追加
乗用と運搬を兼ねた用途の広い乗用貨物車
リヤーシートの操作により、2人乗りの時は250キロ、4人乗りの時は150キロの荷物を積める

くろがね 三輪トラック KFS型 2屯車 1955-9
日本内燃機製造株式会社
V型2気筒・OHVエンジン
1400cc・40ps/3500rpm
全長4,400mm
全巾1780mm
最高速度65km/h

くろがね 三輪トラック KW型 1屯積 1959
水冷4気筒 42HP

高速道路にも 山路にも
牛の”くろがね”にライオンの心臓
E-10型(1,046cc)は加速性は勿論のこと、燃料消費率も非常に良好
曲げ、ねじれにも強い頑丈なシャシー

くろがね 三輪トラック KW型 42HP 1960

1屯積
1.25屯積

東急くろがね工業 三輪トラック KY・KU型 1959年

KU型は2屯車で10尺ボディ
KU型は1.5屯車で8尺ボディです

表紙の62HPが誇らしいです

くろがね 62HP KY型 2屯積 1959年

KY8型と荷台の長いKY10型があります
水冷4気筒E-15型エンジン
62hp/4700rpm

これまでカラーだったカタログが、この頃モノクロに変更されました

くろがね 62PS KY型 2屯積 1961年

新機軸をとりいれたデラックスな完全キャビン
ドアキー採用で駐車も安心
KY13型13尺ボデー(4.010m)追加
広い荷台・全鋼製の積みやすい荷箱
三輪車最強の62ps高性能エンジン
重量積載能力をほこる強靭な直線フレーム

くろがね 62HP KY型 特装車シリーズ

・KYD型ダンプカー
石炭・鉱石・土砂などの運搬に・・・
・KYE型ヴァキュームカー
あなたの町、わたしの町 みんな住みよく美しく
・KY型クレーン車
強力安全・・・・・最大の吊上げ能力を誇る

日本自動車工業 くろがね 新発売 NA型 1957-10(1958年型)

三輪車の実用性と強靭さをそっくりそのまま四輪車に生かしたオート四輪トラック

夏は涼しく冬はシャッターひとつで操作の出来る暖房装置付で、広々とした車室に楽な三人掛が出来る
四輪のオイルブレーキを備えているので制動は完璧

日本自動車工業 くろがね マイティ 1957-10(1958年型)

このカタログでは「マイティ」の名が付く

最低の価格で最大の夢を盛ったトラックの国民車

四大特徴は、経済、安全、乗心地、堅牢

くろがね マイティ NA型 1屯積 1958年

最低の価格で最高の性能を誇る

2気筒1000ccエンジンは30馬力

荷箱は三輪より遥かに大きく、安全性も高い

標準車の他に、ダブルキャブ、高床三方開、ライトバンのラインナップ

くろがね スーパーマイティ NB型 62HP 2屯積 1959年

強力!経済!堅牢!
質素ながらボリューム溢れるスタイル

荷箱がフルに使える三方開
居住性の良い運転室

くろがね ニューマイティ NC型 1.25屯積 1960年

水冷直列4気筒E-10型エンジン 1046cc 46HP

静かなエンジン 最高の出力

スタイルも独創的です

くろがね Nova ノーバ 1500 KN型 1959年

3人掛けエアサスペンション
中型4輪トラック
2トン/62PS
自動車モードの最先端をゆく4つ目のヘッドライト
乗用車をしのぐデラックスな運転席
広い荷台は長さ2425mm(8尺)×幅1590mm

ゼロスポーツ エレクシードRS 2003年

株式会社ゼロスポーツが製作した、スポーツタイプの1人乗り電気自動車

ボディサイズは全長2480mm×全幅1295mm×全高970mm
空車重量430Kg

8時間充電で70Km走行可能
最高速度60Km/h

チョロキューモーターズ Q-CAR 2002年

チョロQが本物の車になった

1人乗り電気自動車

(株)タカラとドイツ車チューナーのコックス(株)で共同開発

チョロQモーターズ Q-CARシリーズ 2004-9

第1弾 Qi(QUNO)
QUNOのカラーは全部で5色

第2弾 U(YU)

それぞれの生活シーンにあわせてカスタマイズ

チョロQモーターズ Q-CAR 7 2004

ケーターハム社の「ケーターハム SUPER 7」を「Q-CAR」シリーズとしてモディファイ(改造)を施しながら、実車の風合いを存分に活かしたモデル

一充電走行距離80km

第一種原動機付自転車(4輪)
限定100台

RACING SPORTS トミーカイラ ZZ プロトタイプ 1995
レーシングスポーツの名称を冠したZZ
レーシングカーにナンバーを付けて街を走る、ということ。
ミッドシップレイアウトの2シーター
アルミツインチューブのモノコックにFRPボディの車重は軽量650kg
最高出力200馬力
「レーシングカーに限りなく近いスポーツカー」

トミタオート
Tommy Kaira トミーカイラM20&M30

日産R32スカイラインベースのチューニングカー(コンプリートカー)

M30は3030ccノーマルアスピレーションで280psを発揮

トミーカイラ M20b 2.2 2003-4

スバルインプレッサWRX STiベースのコンプリートカー
排気量は2146ccに拡大 クーリングチャンネル付きピストン
最高出力355ps/6,400rpm
最大トルク45.0kbm/4,200rpm
センターパイプ・リアピースマフラー

日本フルハーフ 1998-10

日本と世界を結び、そして世界の物流を結ぶフルハーフ製品群

アルミバン、保冷・冷凍車、ウイングルーフ車、各種トレーラ、タンク・バルク車、各種海上コンテナ、航空コンテナ、プラントパッケージ、その他板金製品など

ホープ自動車 ホープスター ST型

軽免許で乗れる最も強力な三輪トラック
強制空冷2気筒360cc・ロータリーバルブエンジン
最高出力17HP
全長2985mm・全巾1294cc・全高1440mm
車両重量433kg
最大積載量350kg

ホープ自動車
ホープスター ユニカー

ホープスターと言えば軽三輪のイメージですが、軽四輪車のユニカーもあります

NT型がトラック、NL型はライトバンです

光岡 BUBU 356 Speedstar

ポルシェ356スピードスターのレプリカ

フォルクスワーゲンの1984cc空冷フラット4エンジンを搭載

オリジナルのスピードスターはスペルが「Speedster」だが、ミツオカは「Speedstar」になっている
何か意味があるのだろうか

MITSUOKA ZERO1 ゼロワン 1996-8

オープン2シーターのライトウェイトスポーツカー
マツダBP-ZE型1.8リッターDOHC4気筒エンジン
130ps/6500rpm
前後ダブルウィッシュボーン・サスペンション
車重720kg(クーラー無し)

MITSUOKA ZERO1 クラシックF 1996-11

ゼロワンの深化
魂の形(APPEARANCE OF SPIRIT)
「Classic type F」のデザインは、決して流行を追わず、時流を気にせず、スポーツカーへの情熱を妥協することなく形にしたもの

光岡 viewt ビュート K11/HK11(改) 1996-6

ベースは日産マーチ

いつも個性的、そんな、主張を持っている

いつもスタイリッシュでいたい

全域快適性能のツインカムエンジン
1.0と1.3リッターが用意されている

光岡 viewt ビュート Vintage 1997年

ビュートビンテージ
期間限定60台

芳しき黒のクラシック
大人の香り立つビュート

専用ボディ&インテリアカラー、メッキセット、ウッドタイプトレー、ホワイトマーカーレンズ、フロントグリル用ビンテージエンブレムを装備

ミツオカ Ray レイ 1997-1

ベースはオートザム・キャロル
排気量657ccだが「小型乗用車」と「軽自動車」登録が選べる

古き良きもの「レトロ」

木の持つ温かさと落ち着きを表現したウッド調のパネルが、インテリアに深みを与える

ミツオカ MC-1/CONVOY88(ME-2) 2003-10
マイクロカー シリーズ

MC-1
2サイクル49cc・6.1ps/6500rpm
幌を装備すれば雨の日だって走行OK!
操作簡単!シフトは前進、後進の切換えのみ

CONVOY88(ME-2)
デリバリー車
安心してつきあえる電気自動車

ムジ・ネット MUJI+Car 1000 2001年4月

ムジ・ネット(無印良品)と日産自動車の共同開発

ベースは日産マーチ

限定販売1,000台

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る