旧車カタログ博物館 マツダ ファミリアなど


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

マツダ ファミリア 4ドア デラックス SSA型 1964-12

このクラスでは考えられなかった豪華なセダン

室内の広さは800ccではずばぬけたスペース

マツダ ファミリア 2ドア SSA2型 1964-12

新しく<2ドア>タイプ登場
性能=スタイル=価格 3拍子そろった、ファミリア2ドア

低く広いフロントデッキのボディーシルエット
室内は広く明るくルーミーです

水冷直列4シリンダーOHV
782cc・42ps/6000rpm
最高速度115km/h

マツダ ファミリア スーパードライブ SSA型

1965年6月

スーパードライブ = AT車です
前進2段、後退1段の自動変速

マツダ ファミリア 4ドア デラックス SSA型 1965-8

4ドア・2ドア・ワゴン

800ccの常識を破った
高性能エンジン
水冷直列4気筒
782cc・42ps/6000rpm

連続最高時速115キロで世界一周も可能
0発進加速200mは、わずか14.5秒

マツダ ファミリア 2ドア デラックス SSA型 1965-9

より一層 充実した使いやすさ!
世界の主流をゆくファミリーカー

広く・明るい5人乗りの室内
使いやすい装備も豊富にそろっています


リクライニングシートは、前席と後席が平面になる完全水平式

マツダ ファミリア 4ドア デラックス SSA型 1965-9

安定感にみちた、低く、広い現代感覚のスタイル!!
美しく豪華なシルエット
スタイルは、高速性・安定性・安全性を徹底的に追求しデザインされている

4段フルシンクロのハンドルチェンジ

ラジオはプッシュボタン式のハイファイ、アンテナはスイッチひとつで自動的に飛び出すセミオート式

マツダ ファミリア 2ドア デラックス SSA型 1966-4

世界の主流をゆくファミリーカー
2ドアに新しくデラックスタイプが誕生

スタイルは 流体力学の研究から生まれた 低く・広いフラットデッキタイプ

このクラスの欧州の名車にもまけない高性能
安定したやわらかい乗心地など ひとつひとつが800ccとは思えないほどのすばらしさ

マツダ ファミリア クーペ MPA型 1966-6

カーライフがたっぷり楽しめる
美しいファミリアクーペ

OHC 1000cc ツインキャブレター 68ps
ゼロヨン18.6秒 最高時速145キロ

マツダ ファミリア バン BSAVD型 1966-6

パネルバンはBSA55V型

フロントグリルがセダンと同じデザインになりました

800cc 45ps 400キロ積

マツダ ファミリア 4ドア SSA型 1966-9

デラックス,スタンダード,Sがラインナップされている

デラックスをチューンしたSは、ツインキャブレター装着の800ccで最大52馬力

マツダ ファミリア 1000 バン BPAV 1967-11

ファミリア1000バンは、コマーシャルカーとしては1Lクラスの実力車
発売以来3年連続(昭和39-41年)、つねに小型コマーシャルバンのトップセラー

エンジンは新設計1000cc52馬力

燃費はリッター22kmの経済性

マツダ ファミリア ワゴン MSAG型 1964-7

5ナンバーのワゴンは、ゆったりした5人乗り

世界が注目した総アルミ合金製の白いエンジン
800cc 42ps

ファミリアS

高性能のファミリアデラックスをチューンアップした、スポーティなファミリーカー!

800cc 52PS

ファミリア ロータリークーペ M10A 1968-7

世界へチャレンジする
ロータリーエンジン搭載「FAMILIAロータリークーペ」
東洋工業・マツダが、世界で初めて実用化した2ローターロータリーエンジン
この画期的なエンジンを搭載した量産車が、いよいよ登場
新しい時代をめざすシャープでエレガントなスタイル

ファミリア ロータリークーペ M10A 1969年
10A型2ローター(491cc×2)100ps/7000rpm
180キロの高速ドライブから街中のノロノロ運転までスムーズに走る
快い回転運動のリズムは、レシプロとロータリーの根本的な違いを実感
ディスクブレーキ、フロント合わせガラスなど安全対策も行き届いている

ファミリア 1200 1968-9

1500の実力!余裕派1200
パワーだけでなく安全性も高めた

4気筒OHV・1,169cc
最高出力68ps/6,000rpm
ゼロヨン18.9秒!スポーツカー顔負けの走りっぷり
最高速度145km/h

新発売 ファミリアプレスト 1300 1970-1

ミリオンセラーが生ん新シリーズ
華麗なる-いなずま<プレスト>誕生!!

新開発のOHCエンジン
4気筒・1272cc・75ps/6000rpm
最高時速150キロ
ゼロヨン18.6秒(5人乗車時)

大型円形メーターが3個ならんだスーパーDXのダッシュパネルは、天下一品

新発売 ファミリアプレスト 1300クーペ 1970-1

ハイウェイクーペと呼ばれた実績が、この新しい車に実った
最高時速150キロ
ゼロヨン17.8秒(2人乗車時)

センターコンソールのついた華麗なコクピット

黒地に銀のペンシルストライプが入ったフロントビュー、クーペシリーズ独自の3連式リヤランプを採用したリヤビュー

ファミリアプレスト ロータリークーペ 1970-2

海外の過酷なレースで活躍するロータリー

コクピットはフル装備
10A型2ローターエンジンの排気量は982cc(491×2)
0 → 400m 16.4秒
最高速度 180km/h

ファミリアプレスト ロータリーSS/TSS

セダンの堅いイメージを大きく変えたロータリーSS
フロントのブラックマスクはシルバーラインでふちどられている
まさにシティスポーツ
ロータリーの高級セダンTSSはプロフェッショナルなT型ダッシュボードがその象徴

ファミリアプレスト 1300/1000 1970-9
華麗なる−いなずま<プレスト>
OHCエンジン、豪華なダッシュボードなど すべてにハイランクな車
1300cc 75馬力/6000rpm 最高時速150キロ ゼロヨン18.6秒
1000cc 62馬力/6000rpm 最高時速140キロ ゼロヨン19.3秒

ファミリアプレスト ロータリークーペ GS 1970

シリーズ最高峰のGS登場

精悍さと格調の高さが漂うフロントビュー
ブラックの砲弾型ミラー
ジェット機のコクピットを思わせるT型ダッシュボード、5連メーター

2ローターのREは最高出力100ps/7000rpm

ファミリアプレスト ロータリークーペ GS/deluxe 1970

若さののGS登場
その精悍さと格調の高さ

若々しくドレスアップしたデラックス
GSのパワーをそのまま内蔵

ファミリアプレスト 1300・1000クーペ 1972

1300cc車は87ps/6000rpmと大巾にパワーアップ!

新登場の1000cc車はこのクラス唯一のOHCエンジンを搭載
62ps/6000rpm

ファミリアプレストクーペ 1000・1300・ロータリー 1972
SPC/STB/M10A

流麗なスタイルのプレストクーペ
スタイリッシュ&ムーディ

強力な動力性能。類のないその静けさ。
ロータリーエンジンは100馬力

FAMILIA PRESTO ファミリアプレスト FA3TS/PS 1975-1

1300・1000/セダン・クーペ
ファミリーカーの「ファミリア」
快適なドライブを、経済的にこなします
横幅が広いので、5人で乗ってもラクチンです

最大トルクを発生する回転数が、あまり高いエンジンはファミリーカーには好ましくない
1000ccも1300ccも3500回転/毎分という、比較的低い回転数で、最大トルクを発生する

マツダ ファミリア 1300 トラック

CHC・1300ccエンジン搭載

足腰の強い600キロ積、パワーはゆとりの87馬力

豪華なT型ハンドル、ダイナミックなフロアシフト、乗用車ムードの快適な室内です

GRAND FAMILIA グランドファミリア 1971年
ファミリーカーの王様・グランドファミリア
ひと幅もふた幅もサイズアップ
1300cc車の新しい大きさ
エンジンも足まわりも、とっておきの高性能
長距離ドライブも登り坂もラクラク・・・すべてにグランドな余裕がある
水冷4気筒OHC・1272cc・87ps/6000rpm
最高速度155km/h
ゼロヨン加速18.2秒(5名乗車時)
セダン専用カタログ

グランドファミリア COUPE クーペ 1971年

細部は違いますがREエンジンのサバンナと共通ボディ
レシプロエンジン専用車がグランドファミリア

今では懐かしいオプションパーツの設定があります

こちらはクーペ専用カタログ

グランドファミリア・グランドファミリアクーペ 1971年

簡易カタログ

グランドファミリア バン 1971年

すべてがグランドなグランドファミリアバン
称して(グラバン)

高性能OHC1300ccエンジン
87馬力

スタイルの良さはグランドファミリア兄弟の特長です

グランドファミリア 1600AP SN4A 1975-9

マイナーチェンジでフロントスタイルなど一新

51年排出ガス規制合格
レシプロのAPシステム「CEAPS」
実績のサーマルリアクター方式にNOxを低減するEGR(排気ガス再循環装置)の組み合わせ

最高出力90ps/6,000rpm

マツダ グランドファミリア 1300AP STC 1976-1

フロントスタイルが変わった、新しい顔のグランドファミリア

51年排出ガス規制合格
良くした燃費は、リッター21キロ
4気筒OHC
1272cc・72ps/5700rpm

4ドア4タイプ、クーペが3タイプ

ファミリアAP FA4TS 1977-1

フルモデルチェンジで、フロントグリルがコスモAP風になった
2ボックスボディだが、駆動方式はFR

エンジンは1.3リッターOHCで最高出力72ps/5,700rpm

リヤゲートを上げると、広くて平らなカーゴルームだ

5ドア、3ドアがある

ファミリア 1300/1400 FA4TS/4US 1979-5

50の革新「実質機能」を大幅に向上
ELR式シートベルト、サイドデミスター、絵文字集中ワーニング、ディスクブレーキなど・・・
これらの装備はクルマの機能性と安全性を高めた
日本の交通事情にぴったりのコンパクトボディは、家族5人がゆったりと乗れる居住スペース
1400ccのUC型エンジンは80ps/5,500rpm
FR方式は重量バランスも良く、素直な走りを実現
広告キャラクターは「チェリッシュ」

ファミリア ハッチバック BD1031/1051 1980-5

新型ファミリアはFFハッチバック

クラス最大のワイドトレッド、鋭いウェッジライン、揚力をカットしたボディ設計
クラス初のフルフラットシートや後席のラウンジソファシート
新開発のE型エンジンは、クラス最高レベルの低燃費と動力性能を実現
スポーティば走りを支える新開発のSSサスペンション

ファミリア サルーン BD1031/1051 1980-9

FFハッチバックのメカニズムやユーティリティはほとんど変えずに、行動的かつ機能的なノッチバックが完成
洗練されたフロントグリルとサイドビュー
もちろん空力特性を十分計算した上での新しい機能美
FFのハンドルの重さやシフトフィーリングのあいまいさを技術でクリア
室内とトランクルームがつながる多目的設計
床下が使えてスペアタイヤもたてられるトランクルーム
高効率のE3型&E5型OHCエンジン搭載

ファミリア ハッチバック BD1031/1051 1982-2

第1回('80-'81)日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

ファミリア ハッチバック BD1031/1051 1982-6

1981年FF車日本第1位

ファミリーカーの域を超えて、機敏に走るファミリアハッチバック
効率を追求したE型エンジン
軽いボディ
空力的に洗練されたスタイリング

FRなみに小さなストロークでカチリ決まるシフトレバー

マツダ ファミリア BD1031/1051 1983-1

簡易カタログ

XGi
洗練の95馬力、EGI

マツダ ファミリア BD1031/1051 1983-3

ハッチバック&サルーン


新SSサスペンション
待望のパワーステアリングやスカート一体型大型バンパーも新たに装備

シャープな操縦感、ラック&ピニオン式ステアリング

ファミリア ターボ BD1031/1051 1983-6
マツダ初のレシプロ・ターボ
低速からもエネルギッシュに、そして素早く反応する
ターボの泣き所だったレスポンスの悪さ(ターボラグ)も、消し去っている
4気筒OHC・1490cc・115ps/5800rpm
ハイパワーに向けて、足回りもスポーツのチューニングを受けた
60タイヤは、ポテンザ185/60R14 82H
大型バケットのヨーロッパシート
待望のドアミラー、電動式スライディングガラスサンルーフ装備

ファミリア 1600DOHCターボ BFMP 1985-11

クラス初!1600DOHC16バルブ
インタークーラー・ターボ搭載
水冷直列4気筒・1597cc・140ps/6000rpm(ネット)

絶賛の「SSサス」は走りの脚(SS=Self Stabilizing)
減衰力可変ダンパーを装備

セダン&ハッチバック
究極のチューニングのアンフィニもデビュー

マツダ ファミリア カブリオレ BF5S 1986-2

収納高わずか100mm、スタイリッシュで高品質な、3重構造ソフトトップ

国産カブリオレ初の1500EGIターボエンジン

マツダ ファミリア セダン BF5P/MP/7P 1986-10

大きく進化したファミリア
4ドア・ライト・スポーティ
待望のDOHCをはじめ、パワー・バリエーションもより充実
スポーティ&ファッショナブル=FAMILIA

ニューDOHCパフォーマンス
4気筒DOHC・1597cc・140ps/6000rpm

マツダ特許の後輪SSサスペンション

マツダ ファミリア FOR BUSINESS BF/BW 1989-11

バン4WD、ビジネスワゴンが新登場

VAN
VAN 4WD
BUSINESS WAGON

MAZDA 323 Sedan 1989

USA版

マツダ etude エチュード BFMP/SP 1988-2

ノーズが低くスラリと伸びたワイド&ローのシルエット
滑らかで伸びやかなガラスエリアの広がりを見せる”テラスバック”

ニューバージョン”Sa”誕生

気持ちに素直な高性能1600DOHCと、さりげない一体感が快い1500

マツダ ファミリア BG型 1989-2

スポーティ&スタイリッシュ、個性多彩な3つのフォルム
3ドアハッチバック/4ドアセダン/ASTINA

新開発1500DOHCをはじめとした、オール16バルブのガソリンエンジン
ボディ剛性も性能の一つ、さらに鍛えぬかれたスーパーモノコックボディ

5ドアハッチバックのアスティナは、リトラクタブル・ヘッドランプを採用

マツダ ファミリア 4WD BG6Z/8Z(R)型 1989-11

史上初!前後不均等トルク配分43:57
ネット180馬力DOHC
パワーウエイトレシオ6.4kg/ps(3ドアハッチバックGT-X)

新4WS感覚のSSサスペンション
新開発インテグラルタイプ4W-ABS

3ドアハチバック、4ドアセダンのラインナップ

マツダ ファミリア BG 1991-1

後期型

3ドアハッチバック
4ドアセダン
アスティナ

マツダ ファミリア アンフィニ BG8P型 1990-2

4ドアセダン

エンジンはアンフィニ専用1800DOHC16バルブ
クロスレシオの5速マニュアルミッション
ビスカスLSDを装備

ファミリア GT-R/GT-Ae BG8Z 1992-1

グループAホモロゲーション・ベースモデルGT-R
大型ターボチャージャー搭載で1.8リッター最強の210馬力を達成
GT-AeはFIAホモロゲーション取得モデルで限定生産300台
クロスレシオ・ギアミッションと軽量化によりコンペティブに仕上がっている

MAZDA 323 HATCHBACK 1992年モデル

ファミリアハッチバックの米国版

1991-9発行

MAZDA Protege sedan 1996年モデル

USA仕様

1995-7発行

ファミリア セダン BJ系 1999-8

コンパクトなサイズ。きびきびした走り
少し高めに腰掛ける。視界の広さが安心感です

高剛性・安全ボディ「MAGNA」

アクティブな走りを生む、高性能S-VTエンジンは、クリーン、高出力、低燃費

乗り心地のよさと安定した走りは、アクティブな足回りから生まれる

ファミリア S-WAGON BJ系 1999-8

走りの「スポルト20」、カジュアルな「S-f」が加わって、ラインナップもワイドになった

ファミリア S-WAGON SPORT20 サンバーストイエロー 1999-8

スポルト20に特別カラー”サンバーストイエロー”登場
限定の300台

FS-ZE型エンジン
DOHC1991cc
170ps/6800rpm

Autozam AZ-3 EC5SA/PSA 1993-9

スポーティクーペAZ-3
高性能1500DOHC16バルブエンジン
120ps/6500rpm
もうひとつの心臓、V6 1800DOHC24バルブエンジン
145ps/7000rpm
心地よいサウンドと精悍なリアビューを演出。デュアルエグゾーストパイプ

MAZDA MX-3 1995年モデル

sports coupe

USA版

MAZDA MPV 1995年モデル

minivan

USA版

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る