旧車カタログ博物館 三菱 ギャランGTO&FTO、ギャランなど


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る
三菱 ギャランGTO 1970年

エアロダイナミックスの徹底的追求から生まれたダックテール

デビュー時は1600ccエンジンのMI/MII/MRの3タイプ
ホットバージョンのMRはDOHCエンジン搭載

高性能を象徴するコックピットは航空機の感覚
三菱 ギャランGTO MR 1970年

GTOのホットバージョン「MR」専用カタログ

4G32型・DOHC4気筒・1597cc
ソレックス・ツインキャブ装備
最高出力 125ps/6,800rpm

最高速度 200km/h
三菱 ギャランGTO 17Xシリーズ A55C 1972年

排気量100ccアップの17Xシリーズ誕生

グレーを基調により洗練されたフロントグリル
黒でアクセントをつけたランプベゼルは、迫りくる黒豹の目を思わせる
航空機のようなコクピット
XIIにオートマチック車新登場
手軽なワンタッチ操作で開閉自在のパワーウインドウ
17段階に微調整できるフルリクライニングシート
ギャランGTO 2000 A57C 1973-2

新発売2000シリーズ
アストロンエンジンは、最高出力125ps/6200rpm
ダイナウェッジライン&ダックテール。鮮烈な走りのフォルム。
2000GSRは、当時としては超扁平タイヤの185/70HR-13&オーバーフェンダーを装備
三菱 ギャランGTO A57C/55C 1975-2
1980年代を指向し、8気筒のフィーリングを持つサイレント&パワフル、画期的なニューエンジン・アストロン80(エイティ)完成
ダイナウェッジ&ダックテールのボディシェルはそのままに、精悍な新型フロントマスク、さらに本格的なエアダムスカートを装備した2000GSRも加わった
本格フル装備のコクピット設計
精緻なメカニズムを実感させる重厚な運転席まわり
ドライバーを包み込むようにカーブした立体的な、フライトコクピット型のダッシュボード
三菱 ギャランGTO A57C/55C 1976-2

2000SL-5&1700SL-5
51年規制合格車

MCA+アストロン80のマジック
低燃費・高出力
2000SL-5=16.0km/L・105ps
1700SL-5=17.0km/L・97ps
手に足に そしてハートに、走る実感がみなぎってくるセンシブル・コクピット
ギャランGTO A57/55 1976-5
画期的エンジンASTRON80(アストロン80)
4気筒で8気筒なみの静かさ、滑らかなフィーリングを実現
ツインキャブ付、2000GS-Rエンジン
4G52型OHC4気筒・1995cc・115ps/6000rpm
鮮烈に心をゆさぶる、ザ・ヒップアップクーペ
シャープに張りつめたロングノーズ、ルーフラインの流麗な流れを大胆にカットしたダックテール
クールなボディシェル、エアダム標準装備
ハードなコーナリングにGTOならではの、すいつくようなロードホールディングを実現
ギャラン クーペ FTO 1971年

心ときめくヒップライン
超ワイドプロポーションを基調に、ファストノッチバック・スタイルを採用
1400クラス最大級のボリューム

思わず心が高鳴る、ワイドなブラッキーコクピット
GIIIに搭載のエンジンはツインキャブレター付き
4気筒OHC・1378cc・95ps/6300rpm
ワイド設計が支える抜群の操縦安定性
ギャラン Coupe FTO 1973-2

待望のサターンエンジンを搭載した新型FTO
1600GSRは、GTOの2000GSRと同様に、オーバーフェンダーを装備
175/70HR-13タイヤにリミテッド・スリップデフが標準装着されたスポーツマシン
有効な5速を作るために、ギヤ比を設定した5段ミッション
Galant ギャラン クーペ FTO 1974-10

ワイドプロポーションを基調に、ロングノーズ、ショートデッキのフォルムが美しい
1600GSR
逞しい面構えのボディと同色のカラーグリルや、カラーバンパー
専用の強化サスペンションにスケルトン型高速ワイパー装備
シャープな切れ味を見せるステアリングとあいまって、高速無類の安定性を発揮する
三菱 コルト ギャラン A51/52 1969年
70年代に向かってコルトギャラン
ギャランとは・・・フランス語で「勇ましい」「勇気ある」という意味と「洗練された」「華麗な」などの意味が含まれています
世界の主流をゆくカーデザイン<ダイナ ウェッジ ライン>
Relax&Luxury設計の爽快キャビン
ハイパワー<サターンエンジン>1500cc・1300cc
疲れ知らずの運転を可能にした、6システム・ステアリング
ハイウエーで安心な偏平タイヤ装備
前後衝撃吸収型ボデー
三菱 ギャラン ハードトップ A52H 1970年

フルオープンウインドウの本格派ハードトップ

スタイリングは流れるような華麗なシルエット

エンジンは4G31型1499cc
最高出力95ps/6,300rpm(グランドスポーツはSUツインキャブ装備で105ps/6,700rpm)
三菱 ギャラン セダン A51/52 1970年

流動美あふれるシルエット

黒いトーンで統一されたダッシュボード
からだにピッタリなじむ快適なシート
強く軽いボデーとサターンエンジンの組み合わせが、鋭い出足と抜群の加速力を発揮
AIIGSはゼロヨン16.9秒
上級ラリーやスピードレース用に、チューンアップできるスポーツキットも揃っている
三菱 ギャラン ハードトップ 1971年

マイナーチェンジで、ヘッドライトは丸型4灯式に変更
黒で統一されたフロントグリルに光る、精悍なデュアル・ヘッドランプ

空気抵抗の少ない砲弾型フレキシブル・フェンダーミラー

流麗なホップアップライン
行動的なイメージを盛り上げるリヤビュー
三菱 ギャランL セダン 16L 14L A53/54 1972-8

新しくラインナップした、ギャランGS-5
ダイナミックなスポーツタイプ
高性能5段ミッションを得て、余裕たっぷりの高速クルージングを楽しめる
ツインキャブ・OHC・110馬力のハイパワー
チルトハンドルによる絶好のドライビングポジション
豪華な雰囲気のファブリックシートは、身体によくフィットするフルリクライニング
安全装備も万全
ギャランL ハードトップ/セダン16L/14L 1972-8
A53H/53/54

HARDTOP
ヨーロッパ調の洗練されたスタイリング
新しくラインナップされたGS-5
ダイナミックなスポーツタイプ
OHC4気筒
1597cc・110ps/6700rpm(プレミアムガソリン)
新しい高速クルージング時代の幕あけ
三菱 ギャランL エステートV 1972-8

14L(A54V) 16L(A53V)
乗用車感覚の、ギャランLエステートバン
充実した装備。たしかな機能。ドライブの楽しみが広がります。
たっぷり積める。いろいろ使える。頼りになる使いやすい荷室
5人乗り時300kg積、2人乗り時500kg積
休日はシャレたワゴンに!
セダンでは無理な大型のレジャー用品もたっぷり積める
三菱 ギャランGT 1975-2

112A型(セダン1600)
A112H型(ハードトップ1600)

クライスラーとの共同開発により、アメリカで好評のシンプルな2灯ヘッドランプ

1600ccのサターンエンジンは最高出力100ps
三菱 ギャランラムダ A123A型 1976-12

三菱車ならではの空気力学的デザイン
見た目の美しさだけではなく、数々の機能的な効果に裏づけされた、科学と美学の一致ともいうべき造形美をもつ
国産車初の角型4灯ヘッドランプ

80エンジンは2本のサイレントシャフトの採用により静粛性を一段と増している
2000GSRは、ツインキャブ装備、プレミアムガソリン仕様で、最高出力115ps/6000rpm
三菱 ギャランラムダ 2000 A123A型 1977-5
1980年代のカーデザインを先取りした、高級2ドア・スペシャリティ車
ひきしまったフロント開口部、マスクの巾広感がフロントデザインに新鮮なイメージを与えている
ガラスがサイドまで回りこんだラップアラウンドリヤウインド
国産車で初めて採用された1本スポークハンドル
ステアリングファッションとしての魅力だけでなく、計器類の視認性が優れているとうい機能美から採用された
2000シリーズは4輪ディスクブレーキ装備
木製ボックス付き6スピーカーシステム装備(スーパーツーリング)
三菱 ギャランラムダ 1600SL A131A 1977-5

新開発MCA-JET
いち早く53年規制をクリア

第3のバルブ「ジェットバルブ」がエンジンを変え、車を変えた
OHC4気筒・1597cc・最高出力86ps/5000rpm
60km/h低地燃費はリッター21km
ファッショナブルカーと呼ばれるのにふさわしい個性的なスポーティスタイルをそなえた高級2ドア車
三菱 ギャランラムダ A133A/131A/131A/121A 1977-8

スポーティタイプの1600GS(A121A)は4G32型ツインキャブ装備のエンジン搭載
1597cc・100ps/6000rpm
プレミアムガソリン仕様
排ガス規制の関係で販売期間が短かかったため希少車

直進安定性、コーナリング性能に富んだサスペンション
三菱 ギャランラムダ A131A/133A 1978-11
充実のラムダ
全車7.5インチ大型マスタバックの装着、サスペンションの改良、エンジン性能の向上等による、より確かな走りの実現
新しく独自の機構を組み込んだテンションレデューサ付ELRベルト、ドアキー照明、レーンチェンジャの採用
2000スーパーツーリングの最高級車はシート地に本革を使用
まさに”走るラウンジ”と呼ぶにふさわしい格調高いファッショナブル空間
三菱 ギャランシグマ A121A/122A/123A 1976-5
新世代のセダン「ギャランシグマ」
走れば走るほど路面に吸いつくLOW&WIDEプロポーション・すぐれた低公害システムMCA
新エアロダイナミックス
前輪にかかる揚力を大きく減らすフロント・エアダムスカート、空気抵抗を小さくし、広い視界を約束する理想的なローウインドアングル、空気の流れを良くするカットオフテール
2000GSRのエンジンはプレミアムガソリン仕様
キャブレターはダウンドラフト・2バレル×2
4G52型OHC4気筒・1995cc・115ps/6000rpm
三菱 ギャランシグマ スーパーサルーン 1976-5

A123A型

上級グレードのスーパーサルーン専用カタログ

当時としては他に例の無い、リヤシートもリクライニング式となっている
三菱 ギャランシグマ 1600 A131A 1977-5

53年規制適合車

MCA-JET
第3のバルブ=ジェットバルブ
静かさ、滑らかさ、経済性に定評ある1600サターン80との見事なまでのドッキング

1600SL-SUPERを加え、ギャランシグマ1600シリーズは4タイプ
三菱 ギャランシグマ A131A/133A 1978-5

2000GL、2000GSLスーパー新登場
三菱 ギャランシグマ A131A/133A 1979-2

世界のクルマの主流をゆく新フロントマスク

本革仕様車デビュー
気品にあふれたインテリア、数々の快適設計
インストルメントパネルは、角型のスピードメータ、タコメータを中心にし、時計からインジケータまで一つにまとめたスッキリしたデザイン

ピッタリ身体にフィットする新設計のシート
ギャラン シグマ/ラムダ エテルナ A131A/133A 1978-2

カープラザ店の取扱い車種

ギャラン店取扱い車と、ヘッドランプやフロントグリルなどが異なる
ギャランラムダ エテルナ A131A/133A 1978-10

新しいラムダエテルナ
ギャランシグマエテルナ A131A/133A 1978-9
三菱 ギャランラムダ A162A-167A 1980-4

スーパーライト
すぐれた空力特性と広い視界を実現

時代のニーズに応えた新鮮なスタイリング
空気抵抗係数0.42を誇る新しいボディ設計

電動サンルーフ車も登場
ギャランラムダ 2000GSR・GTターボ A164A 1980-11

サイレントターボ新登場
シリウス80-2000ECIターボチャージャ付エンジンは、国産初の純血ターボ
10モード燃費はリッター12.5km
最大トルク22.0kg-m/3000rpm
最高出力145ps/5500rpm
オイルクーラーをはじめ、万全の熱害対策

運転のしやすさを優先したターボコックピット
三菱 ギャランラムダ A162A-167A 1981-10

角2灯のスーパーライトがついた
電子メーターがターボ情報を数字と光にした
黒のスモークドリヤランプがターボの加速を示す

2000ccターボエンジンは最大145ps/5,500rpm
OD付き4速ATも登場
シートはホールド性の良い、バケットタイプ
三菱 ギャランラムダ A162A-167A 1981-10

簡易カタログ
三菱 ギャランシグマ A161A-167A 1980-4

スーパーライト
レンズ固定式ヘッドライトに象徴される、風を制した先進のフォルム
セダンを超えたエアロダイナミックセダン

スムースに空気を流すリヤダックテール
フラッシュ・サーフェス・ボディ
薄型のリヤコンビネーションランプ
高速走行が安定するエアダムスカート
スーパーサイレンス・・・高い静粛性
ギャランシグマ 2000GSR・GTターボ A164A 1980-11

ラムダ・ターボと基本性能は同じ

燃費のターボ、パワーのターボ、静かなるターボ、扱いやすいターボ

走りをめざすエアロダイナミックセダン
三菱 ギャランシグマ A161A-167A 1981-10

新型2000GSR&GEターボ
ブラックテールに追いつけるか
三菱ターボを操る電子メータ
ターボエンジンはノッキングセンサーで点火時期が最適に
オイルクーラーが油温の上昇を防止
音もなくハイパワーを生むサイレントターボ
ゼロヨン加速16.5秒(5速ミッション・5名乗車)
インテリアはあくまでもスポーティに
三菱 エテルナラムダ A162A-167A 1980-11

2代目にフルモデルチェンジ
5つのスーパーに出逢う「スーパーライト、スーパーサイレンス、スーパーコックピット、スーパーシート、スーパーターボディーゼル」
先進のメカニズムに出逢う
直進安定性に優れたフロントサスペンション
ソフトな乗り心地の新設計リヤサスペンション
軽く踏むだけでよく効く、大型マスタバック
安定性の高い4輪ディスクブレーキ
エテルナラムダ 2000GSR・GTターボ A164A 1981-4

絶賛ターボにオートマチック誕生
GSRターボA/T
燃費のターボ、パワーのターボ、静かなるターボ、扱いやすいターボ
純国産のサイレントターボ
10モード燃料消費率12.5km/Lの低燃費
しかも最大トルク22.0kg-m/3000rpm、最大出力145ps/5500rpm
サイレントターボは燃費とパワーを両立した
三菱 エテルナシグマ A161A-167A 1980-11

2代目にフルモデルチェンジ
「スーパーライト」風が磨いた、新しいフォルム誕生
空気力学を極限まで追求し開発されたボディは、名づけて「エアロダイナミックセダン」

便利さを形にした、12個のポケットと273Lの大型トランク
第3のバルブが兵燃費を実現した、MCA-JET
高速、悪路、山道
どんな道路状況でも、頼れる足回り
三菱 ギャランシグマ E12A/13A/15A 1983-8

新しいシグマ
生まれ変わった
1新しいスタイル
2新しい広さ
3新しい走り

大型エアダム一体バンパ
まぶしい空力プロポーション
新しい広さと静かさのスペース
三菱 ギャランシグマ E11A-15A 1984-5

全域ゆうゆう、サイレンサー
100km/h走行時、64dB

FF200馬力シリウスダッシュエンジンを搭載した、2000スーパーエクシード新登場
世界初の3×2バルブ方式
200ps/6000rpm
スーパーバランスサスペンション
優れた乗心地と高い操縦安定性を見事に両立
ギャランシグマ ハードトップ E15A 1984-10

トップを知った男のハードトップ
クロームモール、2トーンボディカラーで上品にコーディネイトしたエクステリア
その風格あふれる斬新なスタイリングは、フロントからリヤにかけて美しいメロディのように流れ、磨きぬかれた高級感を全身で表現
シリウスダッシュエンジンは200馬力
スーパーバランスサスペンションと電子制御サスペンションは、卓越した安定性と乗り心地の良さを確保
三菱 ギャランシグマ E11A-15A 1984-11

サイレント・クルージング

1800スーパーツーリングエアロターボ新登場
新しいスタイルは、まぶしい空力プロポーション

安らぎのシートは、アジャスタブルな6ウェイ
室温はコンピュータが自動制御してくれる
光と空気のエアロウェッジカプセル
まぶしいばかりのフラッシュサーフェス・ボディ
ギャランシグマ E11A/12A/13A/14A/15A 1986-1

新エンジン「サイクロン」を搭載して、新型ギャランシグマ登場
ドライバーの足へダイレクトに応答するスーパー・レスポンス
美しいプロポーション、流れるようなライン
シャープなスラントノーズ、空力を極めたウェッジシェイプ
極力、ボディ表面から突起をなくしたフラッシュサーフェス設計が、高速走行時の風切り音を現減少
人の五感に呼応する、快適なコックピット
三菱 ギャランシグマ E11A-17A 1986-10

V6・2000シリーズとエクストラ・バージョンを加えた、新・高感度ラインナップ完成
セダンのデザイン・トレンドをリードする美しいフォルム
基本に忠実、正統を尽くしたメカニズム・・・サイクロン・エンジンそしてスーパーバランス・サスペンション

ハイグレード・サルーンの優越感「V6シグマ」
サイクロンV6・2000ECI-MULTIエンジン
悠々たる走りを実現する
三菱 ギャランシグマ ハードトップ E15A/17A 1986-10

ミスティー クルージング
ギャランシグマ ハードトップ ホワイトデューク E15A 1987年

白いアート

エアロ仕様は、エアロダイナミクスにもとづいて、ボディフォルムにひ施したチューニングといえる
デザインは、シグマハードトップのホワイトサイドプロテクトモール装着車を基本として、あのムーンクラフト(代表:由良拓也)が手がけている
発売元はラリーアート
ギャランシグマ 1800LPGタクシー E19A 1996-1

ひろびろとした後席が好評
たっぷりとした大型トランク

タクシー機器取り付けスペースも充実
使いやすい料金メーター用スペース

経済性と走行性能をみがいた1800LPGエンジン
100ps/6000rpm
ETERNA エテルナシグマ E12A/13A/15A 1983-8
大型エアダム一体バンパ
まぶしい空力プロポーション
デザインテーマは、”光と風と空間”エアロウェッジ・カプセル
どこにもカドがない、フラッシュサーフェスボディ
新型ドアミラーが、スタイルを一層シャープに
ウイングコラムスイッチ、大きなワンパネルメータの新コクピット
ゆとりのレッグスペース。大人3人がラクに座れる後席
静けさも居住空間のクオリティ
エテルナシグマ E12A/13A/14A/15A 1984-8

全域ゆうゆう。サイレンサーだ、新しいシグマ
FF200馬力シリウスダッシュエンジンを搭載した新型シグマ2000
スーパーエクシード、新登場

スーパーバランスサスペンションが、優れた乗り心地と高い操縦安定性を見事に両立させた

まぶしい空力プロポーションはCD値0.36
エテルナシグマ ハードトップ E15A 1984-10
三菱初の4ドアハードトップ
磨きぬかれた高級感を全身で表現
エクステリアには、スカート一体式大型ウレタンバンパ、大型異形4灯ハロゲンヘッドランプ、車速感応式フルコンシールドワイパを採用
世界初3×2バルブシステムが生むダッシュ・パフォーマンス
直4・OHC・1997cc・200ps/6000rpm
スーパーバランスサスペンションと電子制御サスペンション(2000VR)
三菱 エテルナシグマ E12A-15A 1984-11

サイレント・クルージング

1800スーパーツーリングエアロターボ新登場
新しいスタイルは、まぶしい空力プロポーション

安らぎのシートは、アジャスタブルな6ウェイ
室温はコンピュータが自動制御してくれる
光と空気のエアロウェッジカプセル
まぶしいばかりのフラッシュサーフェス・ボディ
三菱 エテルナシグマ E12A-15A 1986-10

セダンのデザイン・トレンドをリードする美しいフォルム
アダルトで高感度な走りをイメージさせるリヤビュー

スーパーバランス・サスペンション
乗り心地と操安性の高次元バランスを実現した理想のサスペンション
V6・2000シリーズとエクストラ・バージョン追加
存在すら感じさせない、その優れた静粛性。V6パフォーマンス
MITSUBISHI GALANT SIGMA 1988年モデル

USA版
MITSUBISHI SIGMA 1990年モデル

USA版
三菱 GALANT/SPACE WAGON 1989-1

中国語版
三菱 マグナ ステーションワゴン2600 1989-10

オーストラリア三菱 T-45型

ゆとりのインテリアとクオリティ装備
三菱 ギャラン E31A/32A/33A/E39A型 1987-10

インディビデュアル4ドア ギャラン

複合する曲面で構成されている
複合曲面は剛性に大きく寄与している
2WD&4WD
三菱 ギャラン VR-4RS E38A型 1988-2
'87-'88日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車
ビスカスカップリング制御のLSD(リミテッド・スリップ・デフ)搭載
イヤーカーの称号を頂き、さらに進化した高運動性能4駆
ボディーカラー:セルビアブラック・内装色:グレー
シルバー・スリーダイヤマーク、カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念エンブレム、ブロンズガラス、ポテンザRE-71G装着、ハイマウントリヤストップランプなど装備
三菱 ギャラン VR-4RS E38A型 1988-3

新たなステージを疾駆する4駆
ラリーをはじめとする、スポーツと呼ぶにはあまりにも苛酷な競技での勝利をめざして、コンペティショナルなマシンへ進化が可能な、モータースポーツのベースマシンとしてのVR-4RS
4G63型DOHC4気筒16バルブ・205ps/6000rpm
三菱 ギャラン VR-4 ist.ANNIVERSARY E38A 1988-11

ギャランVR-4発売1周年記念特別仕様車

全国限定700台
三菱 ギャラン E31A-39A型 1989-10

'90年モデル

VR-4は220ps/6000rpmにパワーアップ(M/T)
三菱 ギャラン VR-4RS E38A/39A型 1989-10

その性能は、世界を制するために生まれた
ギャランVR-4RS。リアルスポーツ4ドア
新たに、4WS仕様車誕生
そのポテンシャル、信頼性、耐久性の高さは、すでに'89WRC第9戦1000湖ラリー総合優勝をはじめ、世界のモータースポーツシーンにぽきて実証されている
三菱 ギャラン AMG E33A型 1989-10

西ドイツの名門「AMG」でチューニングされたギャラン

エンジンから内外装までAMGチューン

ネット170ps/6750rpm
自然吸気エンジンとしては世界トップクラスのスペック
三菱 ギャラン E31A-39A 1990-10

後期型
4ドアスポーツとして完成されている
滑らかさと力強さをさらに高めた新2000DOHC
VR-4はパワーアップ
240ps/6000rpm
キーレスエントリー、運転席4WAYパワーシートなど採用
三菱 ギャランVR-4 RS ランサーGSR RS 1990-10

E38A/39A(ギャラン)
C73A(ランサー)

RSはシリーズ最強のスポーツ・バージョン
当時ラリーで勝つために「ツインカムターボ+4WD」が必須条件となりつつあった
三菱 ギャラン AMG E33A型 1990-12

4ドアスポーツ・ギャランAMG
新たにタイプII 誕生
電子制御サスペンション・アクティブECS、制動能力をいちだんと高める4ABS、2段階の操舵力を選ぶことができるEPS(2モード電子制御パワーステアリング)などの先進装備をメーカーオプションとして設定されている
三菱 エテルナ サヴァ E32A-39A型 1989-10

意志に直結した速さ。ナチュラルレスポンス
路面を離さないサスペンション
4WD+4AT
車速操舵力感応型、4輪操舵システム
高剛性モノコックボディ
広告キャラクターは「世良 公則」
三菱 エテルナ E33A/35A/39A型 1990-10

ギャランと異なり、5ドアハッチバックモデル

「サヴァ」の名が外された
MITSUBISHI GALANT 1989-4

2000 GLSi 5-Door Hatchback
4-Speed Automatic

英語版
MITSUBISHI GALANT 1989-5

英語版
MITSUBISHI GALANT GTi-16V 1989-5

DOHC 16-VALVE

英語版
MITSUBISHI GALANT 1990-8

英語版
MITSUBISHI GALANT 1991年モデル

USA版
MITSUBISHI GALANT VR4 1991 LIMITED EDITION

USA版
三菱 ギャラン E52-84A型 1992-5

新しい、上級4ドアセダンの資質
ワイドボディ

V6・24バルブエンジン
革新的な制御システム、INVECSを搭載
4WDの可能性をさらに広げる、電子制御フルタイム4WD
路面状態を検知する電子制御サスペンション、アクティブプレビューECS(世界初)
三菱 ギャラン E52-84A型 1993-10

'94モデル
全性能向上
静かさ、なめらかさを極めた、V6 24バルブエンジン
FF車世界唯一の4輪マルチリンクサスペンション

クラス最強・最高のV6 MIVEC(マイベック)登場

数々の技術革新によって高められた安全性能
三菱 ギャラン E52-84A型 1995-10

'96モデル
運転席SRSエアバッグなど、いちだんと装備を充実

最高の4ドアスポーツ
エンジンのラインナップは、充実の全8タイプ

快適な乗り心地と優れた操縦安定性を両立
4輪マルチリンクサスペンション
三菱 エメロード E52A-84A 1992-10

エメラルドの輝き
「エメロード」という名の4ドアスペシャリティ
同型ギャランのハードトップ版

低く、広く、安定感に満ちた低重心シルエット
高張力鋼板を多用し、重量を重くすることなく高剛性化を達成
CD値は0.29、世界トップレベルの空力性能を実現
エンジンはV6・2000/1800・24バルブ・ECI-MULTI
エメロード スーパーツーリングR-スペシャル 1992-10
E54A

官能、フルチューン

V6 MIVEC 24バルブ
1998cc・200ps/7500rpm
クラス最強
三菱 エテルナE52A-84A 1992-5

走りの美しさを極めたセダン
クルージング・プレステージ、エテルナ

ワイド・プロポーション化
上質な走りを生むV6エンジン
しっかり路面をとらえるワイドトレッド

さらに能力を高めた、信頼のブレーキシステム
MITSUBISHI GALANT 1995年モデル

USA版
MITSUBISHI GALANT 1998年モデル

USA版
三菱 ギャラン VR-4/VR4 type-S EC5A 1996-8

type-S誕生

最高出力280PS、最大トルク37.0km-mを生む、新開発V6・2500DOHC24バルブ ツインターボインタークーラーエンジン

先進のドライビングコントロールシステム、AYC(アクティブ・ヨーコントロール・システム)
三菱 ギャラン スーパーVR-4 EC5A 1998-1
優れたエアロダイナミクスを実現する、専用エアロパーツを装着
ブラック&レッドの専用カラーで統一されたインテリア
MOMO製本革巻ステアリングホイール、RECARO製フロントフルバケットシートなど、数々の専用装備が与えられている
INVECS-IIスポーツモード5A/T
ビスカスカップリング制御センターデフ方式フルタイム4WD
4輪マルチリンクサスペンション
4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
三菱 レグナム EA/EC型 1997-1

走り、スタイル、安全性、快適性など、すべてに新しい魅力を放つスポーツワゴン

V6・2500DOHC24バルブ ツインターボ・インタークーラーをはじめとするV6エンジン・シリーズと、世界初「ガソリン筒内噴射」で「低燃費・高出力・環境への配慮」を実現したGDIエンジン
三菱 レグナム スーパーVR-4 EC5W 1998-1

全身に迫力のスポーツ仕様をまとった、スーパーVR-
ハイパワーエンジンと先進システムによる走りを、より力強く印象づける、特別のスポーツワゴン

専用大型エアロパーツ
ラリーアート製スポーツマフラー
RECARO製フロントフルバケットシート&専用シート生地
MOMO製本革巻ステアリングホイール
ブラック&レッド・インテリア
三菱 レグナム EA/EC型 1998-10

後期型
より美しく、しなやかな行動力を身につけて新登場
端正でしかも力強いフォルム
パワフルとクリーンを両立させるGDI2400エンジン

快適なイージードライブで走るオートマチックの自由
自分でギヤを選びながら自在に走る自由
ふたつの自由を、それぞれに楽しめるINVECS-IIスポーツモードA/T
旧車カタログ博物館 トップページへ戻る