旧車カタログ博物館 三菱 360、ミニカなど


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る
三菱 軽4輪ライトバン 360 新発売 1961-3

商用車の良さを取り入れたコマーシャルカー

LT21-2型
2人乗って300kgの荷物が積める
LT21-4型
ワゴンタイプで4人乗り 200Kg積、2人乗りなら300kg積
LT20型
後部窓のオールスチール面を動く看板として利用できる
三菱 軽四輪ライトバン 360 1961-4

1枚もの簡易カタログ
三菱 360 1961年

LT21-4型
ワゴンタイプで4人乗り 200Kg積

LT20型
後部シートは無く2人乗り 300Kg積
三菱 360 LT21-4/20型 1961-11

乗用に運搬に用途の広いコマーシャルカー
本格的な軽四輪ライトバン
信頼性の高い強制2サイクル2気筒エンジン
359cc・17ps/4800rpm
オールシンクロ前進4段ミッション
前後に調節できる座り心地のゆいフロントシート
軽四輪の中ではいちばん小回りがきく、最小回転半径3.6m
三菱 360 軽四輪トラック LT22型 1961-11

路地ウラからハイウエイまで、どんな型の荷物でもタップリ積んでスピーディに走りまわる新三菱の軽四輪トラック三菱360
ドライバー本位の運転席
点検がラクなエンジン機構
低い重心と堅牢なボディに350キロを積み込んでもビクともしない
三菱 360 LT20/21-4/22型 1963年

三菱の軽四輪車
用途に応じて選べる
360cc・17PS
ねばりのあるエンジン、ミッションは4段変速
回転半径はわずか3.6m
三菱 360

ミニカの原型となる商用車

バリエーションは、バン・ピックアップ・パネルバン
三菱 360 LT23/25型 1965年

頑丈な実用車
機動力はずば抜けている
しかも乗り心地は乗用車なみ
側面は流れるようなライン、正面は横線を基本にしてグリルの両端にライトを配した斬新なプロポーション
底力のある故障の少ないエンジン
リードバルブ方式で低速出力アップ
ME24型・強制空冷2サイクル・直列2気筒
359cc・18ps/4800rpm
三菱 ミニカ LA20型 1962年

新発売
豪華なクロームメッキのフロントグリルとサイドモールを装備している
強制空冷360ccエンジンは最大馬力17ps/4800rpm
オールシンクロの前進4段、後進1段のトランスミッションで、加速もラク
美しいデザインで、見やすい燃料計組み込みのコンビネーションメーター
デラックスなリヤシート
最高速度は時速86キロ
三菱 ミニカ LA20型 1962年9月

簡易カタログ
ミニカ LA20 1963年

軽免許/4人乗り
クロームメッキのグリルとサイドモールディング
一段と洗練されたスタイル
17ps/4800rpm
トランクルームは軽乗用車では最大の広さ

明るいパノラミックウインドーと豪華なハンドル廻り
三菱 ミニカ LA21 1964年

軽免許 4人乗り
家族で楽しむ車、仕事に便利な車・・・それが三菱ミニカ
最小回転半径は、わずか3.6m
ヘッドライト、ウインカーランプは美しく機能的なデザイン
2サイクル2気筒エンジン・259cc・18PS/4800rpm
どんな悪路でも快適な乗り心地
三菱 ミニカ LA21 1967年

フロント・スタイルは、すっきりとした直線でまとめられ、ヘッドランプ、ウィンカランプ、バンパをうまく配置し、ミニカの安定感・豪華さをそのまま表現している
機敏な小回り、余裕ある加速、鋭いダッシュ、ミニカが誇る機動力
ミニカの心臓は三菱の高性能エンジン
三菱 ミニカ ’70

新しいミニセダン

スポーティ仕様から豪華仕様まで、ラインナップも豊富
三菱 ミニカ ’70GSS

GSS = グランドスーパースポーツ

GTカームードの室内
360cc 38ps
脅威のスポーツ性能を秘めたゴールドエンジン
三菱 ミニカ 71

ダッシュボードにこのクラス最初のカーステレオが標準装備

スポーティなヘッドレスト一体式シート

34馬力のレッドエンジン、30馬力のイエローエンジンがある
三菱 ミニカ72

エンジンは水冷、空冷の2種類

水冷が34馬力、空冷が30馬力で水冷がパワフルとなっている
三菱 ミニカ スキッパー 1971年

こしゃくにも・・・クーペです

GT・・・パワーみなぎる最高級グランドツーリングライン
迫力を生むブラックマスクのフロントグリル
ラジアルをはいた豪快なクーペ
2G10型・水冷直列2気筒・359cc・38ps/7000rpm
豪華な高級ウォールナット仕上げのメーターパネル
コンソールボックスも標準装備
GT感覚のマシーンインテリア
前進4段フルシンクロメッシュ
三菱 ミニカ スキッパーIV A102型 1972-10

スキッパー・フォアは水冷4サイクルOHC360ccエンジン搭載

バルカンエンジンは最高出力32ps/8,000rpm
三菱 ミニカ5(ファイブ) バン A104V型

1976年3月

50年規制合格車

新規格車500cc 4サイクル
三菱 ミニカ・ami55 1980-10

シティー・カーの先駆車、ミニカアミ55
記録的低燃費、21km/L(10モード)、32km/L(60km/h時)
MCA-JET
OHC・546cc・31ps/6000rpm

広さと変化のハッチバック
使いやすさが自在性に出る
三菱 ミニカ・アミL A107A 1982-11

シェイプアップされたスタイルのなかに広い室内

高級装備を採用したCXを追加

坂道も平気なオートマチック、見やすい計器盤

「MCA-JETバルカン-S」エンジンは低燃費

最後のFRミニカ
三菱 ミニカ ターボ 1982-11

世界最小550ターボは2タイプ
アミL(A107A)・エコノ(A107V)

4サイクル直列2気筒
546cc・39ps/5500rpm

広告キャラクターは「宅麻 伸」
三菱 ミニカ H11A 1984-2

新しいミニカの駆動方式はFF
小型車は室内空間の確保にFFが有利で、燃費にも優れる
室内高は1185mmと550ccセダンでは最大
550cc5ドアセダンとしては初のフルオープンリヤゲートを採用
スポーツモデルのミニカターボもラインナップ
OHC2気筒・546cc
最高出力42ps/6,000rpm
三菱 ミニカ 5ドア H11A 1985-8

5ドアセダン

広いミニカがゆり広く
XLとターボにはクラス初のフルフラットシートを採用

リアゲートは開口部が広くて広いので、積み降ろしがラク
三菱 ミニカ・エコノ H14V/15V 1988-1

オシャレな「ティコ」、インタークーラーとエアロパーツで武装した最強バージョン「ゼオ」、遊び心満点の「マリエ」、一年中ドライブが快適「パセリ」、オールマイティーに走行「フルタイム4WD」

バリエーション豊富だ

広告キャラクターは「賀来 千香子」
三菱 ミニカ ダンガンZZ H21V 1989-1

市販4輪車で世界初のDOHC5バルブ・インタークーラーターボエンジン搭載

最高出力 64ps/7,500rpm

広告キャラクターは「浅野 温子」
ミニカ ウォークスルーバン H22VW/27VW

4WDやサイドハッチボディもラインナップされています

このカタログはエンジン排気量が660ccにアップされたモデル
三菱 軽トラック 21馬力 360cc 1967年

ミニキャブ
低床・高床式三方開き・幌付4人乗り

三菱360cc
ピックアップ
三菱 ミニキャブ バン LT30V 1968年

新発売
ミニキャブのよさをそのまま受け継いだキャブオーバー型ライトバン
360cc強力21馬力エンジン
リヤゲートは片手でスッと開くはね上げ式
休日にはレジャーカーに早変わり
三菱 ミニキャブW T131 1975-8

レッツゴー陽気なビッグ・ミニ

使いやすいフラットデッキは359Kg積み

水冷2サイクルエンジンは余裕しゃくしゃくのハイパワー28馬力

広告キャラクターは「レツゴー三匹」
三菱 ミニキャブ5 500ccで新登場!!

50年規制合格・新規格車

4サイクル500ccの新バルカンSエンジン搭載

360Kg積み
三菱 ミニキャブ ワイド55 L013P型 1977-6

新規格フルサイズの550ccで新登場

リッター25Kmの低燃費

サイレントシャフト付エンジンは29ps
旧車カタログ博物館 トップページへ戻る