旧車カタログ博物館 プジョー


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

PEUGEOT 104 1973-7(1974年モデル)

小型4ドアセダン
全長3.58m
車重760kg

4気筒954cc
50ch a 6250tr/mn(SAE)

最高速度135km/h

PEUGEOT 104 1974-7(1975年モデル)

Performances
最高速度135km/h

0-400m 20.5秒
0-200m 39.5秒
0-100km/h 20秒

PEUGEOT COUPE 104 1974-7(1975年モデル)

3ドアクーペ

Performances
最高速度135km/h

0-400m 20.5秒
0-200m 39.2秒
0-100km/h 19.7秒

PEUGEOT プジョー 106 S16 2001-6
「より速く」。思いのままのスポーツを楽しむ
ホールド感がよいアルカンタラ+レザーのスポーツシートとハンドリングが愉しめるレザーステアリングが、走る歓びを深めてくれる
梨地仕上げのパネルメーターやメタリックなアルミプレート付シフトノブなど、プジョーの洗練されたデザインが、さりげなくスポーティな印象を加速
4気筒DOHCエンジン・1587cc・118ps/6600rpm
全回転域でフラットなトルク特性、ドライバーの意思に俊敏に応えるダイレクトなレスポンス

PEUGEOT 204 Break 1972-7(1973年モデル)

2名乗り
450kg積

1130cc
60馬力

PEUGEOT プジョー 205 1993年

SI・GTI・CTI

プジョー205は、シーンを愉しむクルマ

GTI
ラリーシーンで鍛え上げた堅牢なボディ
弾けるパワー、クイック&ダイレクトなハンドリング
直列4気筒OHCエンジン
1904cc・120ps/6000rpm

PEUGEOT プジョー 206 S16 1999-6
205GTIのDNAはここに受け継がれた
プジョー205S16デビュー
徹底的に軽量化を図った新設計の2リッターDOHC16バルブエンジン搭載
最高出力137ps/6,000rpm、最大トルク19.8kg-m/4100rpm
ブラックを基調にまとめられた室内
サイドサポートを強めたホールド感のよいスポーツシート
アルミ製シフトノブのクールな感触
革巻き3本スポークステアリング装備

PEUGEOT プジョー 206 1999-9

リヤからフロントにかけて、何の淀みもなくひと筆で描かれたサイドライン
新世代を感じさせるディテール

ベーシックバージョン、206XT
タグジュアリーバージョン、206XT Premium
スポーティバージョン、206XS
DOHCバージョン、206 S16

PEUGEOT プジョー 206GT 1999-10

WRC参戦のためのホモロゲーションモデル
限定50台日本上陸

迫力あるフロントマスクを生む大型バンパー
特性アロイホイールと195/45R16 80Vタイヤ
アルミ削り出しの特製フューエルキャップ
Bピラーの特製エンブレムには、シリアルNo.が刻印される
エンジンは直4DOHC・1997cc
最高出力137ps/6,600rpm

PEUGEOT プジョー 206 2000-9

リアからフロントにかけて、何の淀みもなくひと筆で描かれたサイドライン

質素の美しさ。ベーシックバージョン、206XT
上質という香り。ラグジュアリーバージョン、206XT premium
猫科の躍動。スポーティバージョン、206XS
ラテン系の純血種。ピュアスポーツバージョン、206S16

PEUGEOT プジョー 206CC 2003-8

206CCのCCは、”Coupe Cabriolet”の頭文字
フランス語で”Coup de Coeur ハートの一撃(一目惚れ)”という意味でもある

クーペボディは、ボタンひとつで20秒後には、いかにも開放的なカブリオレに変ってしまう

S16は、2.0リッターDOHC16バルブモデル
1997cc・137ps/6000rpm

PEUGEOT プジョー 206SW 2003-8

軽量・高剛性で定評ある206のプラットフォームをベースに、その性能を犠牲にすることなく高剛性ワゴンボディを開発

リアサスペンションにはトーインを決めるダイアゴナルビームを追加するなど、リア荷重の増加に対して周到な設計が施される
フロントはマクファーソン・ストラット式

PEUGEOT プジョー 304 1975年モデル

1974-7発行

BERLINE 304S
80ch a 6100tr/mn(SAE)
最高速度160km/h

PEUGEOT プジョー 305 1977-10

1978年モデル

304の後継車・4ドアセダン

エンジンは1500cc(SR)、1300cc(GL/GR)
レイアウトはFF

日本には正規輸入されなかった

PEUGEOT プジョー 306 S16 1995-2
直列4気筒DOHC16バルブ・1998cc150ps/6500rpm
クロスレシオ・タイプの5速マニュアルトランスミッション
205GTIから受け継がれたレザー&ファブリックのスポーツシート
ドライバーズシートは、無段階調節式のランバーサポート付き
ステアリングホイール、シフトノブ、シートトリムなど、ふんだんに革を使った室内
チルトアップ機構付きの電動サンルーフ、ヘッドランプウォッシャー装備

PEUGEOT 307WRC 2004

WRCマシン
4気筒1997cc
300hp/5250rpm
クラッチはカーボン・トリプルプレート
ヒューランド5スピード
フロント8ポット、リヤ4ポットキャリパー・ディスクブレーキ

PEUGEOT プジョー 403 1963年

1300cc、1500ccのガソリンエンジンと1,800ccのディーゼルエンジンがある

1963年モデルはセダンのみラインナップされている

PEUGEOT プジョー 404 1963年

403後継モデルの4ドアセダン

ボディデザインはピニンファリーナ

エンジンは1600cc

PEUGEOT プジョー 404 COMMERCIAL 1963年

404のステーションワゴン

エンジンは1600cc、1500ccと1800ccディーゼルがある

プジョー 404 カブリオレ&クーペ 1963年

1600cc4気筒エンジン搭載

最高速度は158km/h

プジョー 405 SRI/SRI-EX/MI16 1989-4

アッパーミドルサルーン、プジョー405登場
仏蘭西流、美的走行論。
生きているのはモータースポーツの血統
MI16にはプジョーの頂点ともいうべき、1.9リッターDOHC16バルブエンジンを搭載
最高出力150ps/6400rpm、最大トルク17.3kg-m/5000rpm
高圧縮比、高回転型の躍動感に満ち溢れたパワーソース

プジョー 405 SRI/MI16 1989-5

五感クルージング、プジョー405
高度に洗練されたこの味わいが、グランツーリスモの新しい資質、プジョー405SRI
グランツーリスモの頂点、プジョー405MI16
直4DOHC・1904cc・150ps/6400rpm

4輪独立懸架のサスペンション
MI16はハードに、SRIはややソフトにと、理想的なチューニングが施されている

プジョー 405 SRI/SRI-EX/MI16 1989-10

アグレッシブな伝統。
1989年以来、100年のクルマづくりの歴史を誇るフランスの名門、プジョー

柔らかく張りのあるスタイリング
洗練されたインテリア
高さ調整機能付きドライバーズシート、無段階に調整できるランバーサポート、フロントシートベルトにはショルダーハイトアジャスターを採用

PEUGEOT 405 1991年モデル

USA版

Mi 16Sedan・S Sedan/Sportswagon・DL Sedan/Sportdwagon

プジョー 405 1991年

SRX-EX
セダンの新しい流れをつくる、美しい性能

MI16×4
フルタイム4WD
リヤサスペンションには、電子制御により車体姿勢を最適な状態に保つ新システムを採用
電子制御油圧式オートハイトアジャスター

プジョー 405 1993年

バカンスの国で生まれたステーションワゴン「405SRI BREAK」

大きな魅力は優れたスペースユーティリティ
リアシートは、左右分割式を採用
タイヤハウスの突出が最小限に抑えられた、ワイド&フラットな空間
大型のテールゲートは荷物の出し入れも容易

プジョー 504 ディーゼル 1980年

日本仕様のカタログ
ディーゼル車54年排出ガス規制適合車
直列4気筒・2304cc・70hp/4500rpm
すぐれた居住性は5人ゆったり乗れる

1959年以来、プジョーディーゼル乗用車は20年、100万台を超える実績
504シリーズは基本設計を1968年から変更なし
'78までにサファリ・ラリーを6回優勝!

プジョー 505 V6 1988-2
プジョーの伝統技術と先進テクノロジーが創り上げた505V6
クリスタルを想わせるシャープなボディラインが、風格と気品を漂わせる
快適な居住性と動力性能がバランス良く調和
圧倒的なパワーを秘めた505の心臓部、2.8リッターV型6気筒エンジン
OHC2848cc軽合金エンジン・165ps/5600rpm(DIN)
4速オートマチックミッション
最高速度198km/h

プジョー 505GTI 1988-4
コンパクトながら優れた居住性を持つ4ドアセダン・プジョーの代表車として、スタイル・性能ともに洗練された505GTI
インストルメント・パネルは、車の性能を100%引き出し、自在にコントロールできるよう設計されている
4輪独立懸架のサスペンションは、しなやかな乗り心地をもたらす・リミテッドスリップデフを採用し、滑りやすい路面でもパワーロスが少ない
OHC2165cc軽合金エンジン・125ps/5750rpm
最高速度185km/h
ゼロヨン加速17.0秒

PEUGEOT 604 SL 1976年

全長4.72m
全幅1.77m
全高1.43m
車重1455kg

V6・2664cc
136bhp/5750rpm

最高速度182km/h

PEUGEOT 604

プジョーは、最大最古の自動車メーカー

プジョーの大型乗用車

イタリアの巨匠ピニン・ファリーナによるデザイン

PEUGEOT プジョー 604 1979年

プランスの誇り、大統領の公用車にも選ばれている「604」
「604」に乗る者は、”本物の高級サルーン”の味わいを知る
80度の広く開くドアー、5人乗りをゆったり包むスペース、足下もヘッドにもゆとりがあて・・・。
そして、「604」ならではのすばらしいシート
エンジンはV6・2663cc・130HP/5750rpm
乗り心地と安全性のためのフロント・ユニット
騒音を防止し、安全性を高めるリヤーユニット

PEUGEOT プジョー 605 1990-10

プジョーのクルマ作りが生んだ”6”グレード
洗練とエスプリが仕立てたフォルム

グランドスポーツとして生まれたSV24
パワーユニットは3リッター24バルブV6エンジン
200ps/6000rpm

SV3.0には、クルーズコントロールが装備された4速オートマチックを採用

PEUGEOT プジョー 605 1994年

ゆったりしたサイズの座面は、表面が柔らかく内部が適度な堅さを持つフランス流の快適仕様
ポジション調節は電動式
厳寒時に備えてシートヒーターも採用

コンソールにはフルオートエアコン、10個のスピーカーを駆動するオーディオ装置、トリップコンピューターなど備える
ラインナップはSV3.0のみ

PEUGEOT COMMERCIAL VEHICLES 1962年モデル

403
B5 METAL PANEL VAN
403 B8 LIGHT LORRY
D4B COMMERCIAL VEHICLES
D4B PANEL VAN
D4B SMALL COACH
4気筒1468cc&ディーゼル4気筒1816cc

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る