旧車カタログ博物館 スバル 450、360、R-2、レックス、サンバー


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る
スバル 450 1960年

スバル360の姉妹車です

当時の軽自動車規格を超えていますが、現行制度ではボディサイズ・排気量ともに軽規格内です
スバル 450 DELUXE 1963年
スポーティでデラックスな高性能車
前進6段に使える副変速機、交流発電機などのユニークな新機構をとりいれた
バンパーが厚くなり、フロントに、鳥居型のガードバーが付いた
ナンバープレート用のメッキ枠、エンジンフードのメッキのモールディングがスタイルをひきしめる
SUBARU SPORTS 1961年

スバル・スポーツは、レーサー型2人乗りの試作車
1961年の第8回東京モーターショーに出品
性能面で定評あるスバル450のエンジンとクッションをそのままに一層快適な出足と高速性を目標としている
全長3400mm・全巾1380mm・全高1220mm・軸距1700mm
車両重量400kg
空冷2サイクル・2気筒423cc・23馬力
最高速度120km/h
スバル 360

初期モデルのカタログ

折りたたむとサイズは21×15Cmと小型です
スバル 360 1958年
大人4人乗り軽四輪乗用車
広い室内、明るい視界と共にすばらしい乗り心地を楽しめる
前方の棚に20kgの荷物を積め、2人乗車の時は後部座席を折りたたんで楽に100kg以上の荷物を積むことが出来る
回転半径は4mで、Uターンもラクラク
業務用に・・・ドライブに・・・御家庭用に・・・
スバル 360 1959年

我国最初の本格的な4人乗軽自動車

軽免許で運転出来、燃料、税金等の維持費も僅少

リアに強制空冷2サイクル2気筒エンジン搭載
16ps/4,500rpm

全長は2m990mm
スバル 360 K111 1960年

日本の代表的国民車として、もっとも多くの人々から愛用され親しまれている

356cc・16HP/4500rpm
タイヤサイズ4.50-10-2P

経済的な燃費は満タンで400km以上走行可能
軽量で丈夫なモノコック・ボディー
スバル 360 コンバーチブル 1960年

快適なドライブを楽しめる 素晴らしいオープンカー

幌はロールバック式で手軽に開くことができ、後部へ格納されます
幌まわり以外の部品はすべて、セダンと共通

16HP/4500rpm
スバル 360 K111 1961年

信頼できる高性能エンジンは出力アップ
356cc・18ps/4700rpm
変速機は前進3段、後進1段
2速と3速はシンクロメッシュで、スムーズな変速ができる

タイヤサイズ4.80-10-2P

回転半径は、わずかに4メートル
スバル 360 DELUXE 1961年
デラックス誕生
クロームメッキバンパー、フロントウインドーシールドクロームメッキ、3ビームヘッドランプ、ウエザーストリップ(ルーフ)メタルモールディング、ホワイトタイヤ&ステンレスホイールキャップ、ステンレスサイドオーナメント&ドアサイドモールディング、開閉式リヤサイドウインドーなど装備
エンジンは18ps/4,700rpmにパワーアップした
スバル CUSTOM 1961-10
カスタムは、スバル360セダンの機能と性能をそのままに、さらに実用性をプラスした恒久ライトバン
乗用車ムードあふれる室内
用途の広い便利な荷物室
高性能スバルマチックエンジン<完全分離給油方式>
乗用車なみの乗り心地
燃料消費率24km/Lの経済性
スバル 360 1962年

スタンダード、デラックス、コンバーチブル、コマーシャルのラインナップ
コマーシャルは乗用車のよさを生かした貨客乗用車
2人乗150kg積
エンジンは最高出力18ps/4,700rpm
スバル 360 1963年

スタンダード、デラックス、コンバーチブル デラックス、コマーシャル

トップレベルの性能
スタートから200m走るのに要する時間は17.1秒
スバル 360 カスタム 1963年

スバルシリーズのニューフェイス
カスタムは、すでに5ヵ年の実績を持つスバル乗用車をベースとする高級ライトバン
リヤシートをたたむと、250Kgの荷物が積めます(4人乗りで150Kg)
スバル 360 1964年

スバル360コンバーチブルは国産車唯一の幌型乗用車

塗色は上品なクラウドブルー
幌はロールバック式で簡単に開閉でき、閉めればデラックスと全く変わらない
スバル 360 1964年

第2回日本GPレース400cc以下ツーリングカーのクラスでスバル360は始終トップを独走
1位・2位を独占、加えて最高ラップ賞も獲得
20ps・5000rpm
スバル 360 カスタム 1964年
スバルマチック採用
画期的な完全分離潤滑方式
ガソリンだけの給油となり、クランク軸および主ベアリングには直接新鮮なオイルが常に適量供給されるので、連続高速走行の耐久性が著しく向上すると同時にオイル消費が節減された
スバル 360 1966-10
富士重工の技術と伝統から生まれた軽乗用車の最高傑作・富士重工は、"中島飛行機"時代からつちかわれた伝統をバックにもつ技術の名門
ライティングスイッチは、新設計のタンブラースイッチを採用
フェンダーミラーの取り付け位置を約40mm運転席に近づけた
スバル 360 1967-9

全車種にサイドフラッシャーランプを取付け、またバックアップランプをデラックスとスーパーデラックスの標準装備とした
安全ベルト取付装置と強力ヒーターも標準装備された
スバル カスタム 1967-9
スバル360セダンに、コンバーチブルな広い荷室をプラスして生まれたスバルカスタム
コンパクトな多用途乗用車
道路条件を選ばない高性能と機動性
最高速度90k/h
2サイクル2気筒エンジンは20ps/5000rpm
スバル 360 1968-8

全車オーバートップ付き
エンジンは25ps/5,500rpmにパワーアップ
最高速度110km/h

デザインを一新したトップオーナメント、ヘッドライトまわりとリヤスタイルを彩る精悍なブラック
リヤのコンビネーションランプを大型化
防眩処理された脱落式ルームミラー
その他、さまざまな装備が改良された
スバル 360 1968-8

セダン・カスタム

簡易カタログ
スバル カスタム 1969-3

パワーアップ25ps
スピードアップ95km/h
全車オーバートップ装着
ハイウェイで余裕たっぷり

機能的な運転席と広い室内

長い荷物を運ぶときなどには、リヤシートの背もたれを、荷物室の床面と平面にセットして積むことができる
スバル R-2 1969-7

ハードミニ 新発売
新しい時代のミニセダン

発売時は、まだスバル360と併売されていました
空冷サイクル2気筒エンジン
最高出力 30ps/6,500rpm
スバル R-2 1969-7

簡易カタログ
スバル R-2 1970-9
新発売のGLを加え、豊富な車種群が勢ぞろい
スポーツマシンのSS
車高をぐっとさげ、黒のラジアルタイヤがボディをしっかり支える精悍なスタイル
砲弾型フェンダーミラー、フォグランプ、ノーズフィンなどの外装、バケットタイプのフロントシートやヒール&トウ・アクセルペダル、小径ハンドル、3連丸型メーターなど装備
最高出力 36ps/7000rpm
最高速度120km/h・ゼロヨン19.9秒
スバル R-2 1971-1

フロントまわりのデザインを一新
室内装備を充実
ハイ・デラックスも新登場

さらに豪華になったダッシュボード

エンジンをさらにパワーアップ
最高出力 32ps/6,500rpm
スバル R1 RJ1/2 2004-12

スーパースモールカー
スバル360から約半世紀”てんとう虫”は再び飛翔する
そこには、大きな自由が詰まっている

衝撃吸収性能に優れたワンモーションフォルムを採用
1名乗車で使い勝手の良い工夫がなされている

3ドアハッチバック
REX レックス K21型 1972年

R2の後継モデル
RRレイアウト

水冷エンジン
スポーツモデルのGSRはソレックス36PHHツイン装着で37PS/6,500rpmを発揮
スバル レックス 550 K24型 1978-2

新規格いっぱいのワイドなボディ

53年排ガス規制適合のSEET-C550cc新エンジン搭載
31ps/6200rpm
燃費性能は28km/L(60km/h定地走行テスト値)

4輪独立懸架(セミトレーリングアーム式)を採用した足、まわり
スバル レックス 550 K24型 1978-9

セダン・スイングバック

リヤウインドゥが大きく開く<スイングバック>登場
FF REX COMBI レックスコンビ KM1型 1981-9
FFレックスコンビ誕生
機能性と合理性を徹底的にシェイプアップしたスタイル
そのムダのないシンプルで、マイルドなボディラインは美しい
引き締まったスタイリッシュなボディに、驚くばかりのひろい居住空間とラゲッジスペースを実現
キビキビとした走りを見せながらリッター29.0kmの経済性
スニーカー・クルージング
運転がしやすく、しかも安全なFF方式
FF レックスコンビ KM1型 1982-11

シェイプアップ・ビューティ
キリリと端正なフロントマスク
シンプルな大型リヤコンビネーションランプが光るリヤビュー

EK23型OHCエンジン
544cc・31ps/6000rpm
FF レックス KF1型 1983-4
ザ・ビッグ・ミニはザ・ワールド・サイズ
FF5ドアセダン
小型車顔負けの居住性とトランクスペースを出現させたその魔術に、発売以来、人々は興奮をかくせない
静かでパワフル
大人4人を乗せて軽々引っ張る4サイクル2バランサーエンジン
10モード燃費で試算すれば満タンでおよそ650km
給油は月1度で済みそう
レックスコンビ KM1/2型 1984-2

FFレックスコンビ(KM1)は、毎日をイキイキと暮らす女性の素敵なナイス・パートナー

4WD(KM2)も新登場

4WDでも低燃費が自慢
26.2km/L
レックスコンビ 4WD KM2型 1984-9

マイクロスポーツ・デビュー
レックスコンビ 4WD ターボ
4WDのフットワークとターボパワーがダイナミックにドッキング
41ps/6000rpm
27.6km/L(60km/h定地走行燃費)

ブラッキー・コックピット

12インチ・オールシーズン・ラジアルタイヤ
REX COMBI レックスコンビ KN1/2型 1988-5

オートマチックを超えたスーパーオートマチックECVTと、高性能3バルブエンジンのラインナップをさらにワイドに。
ECVTスーパーチャージャーと、スバル独創のツインビスコ・フルタイム4WDを追加
スーパージャージャーエンジンは、55ps/6400rpm
空力デザインでシェイプアップ
エアロダイナミック・ストリームフォルム
インテリアは、乗る人にフィットする、くつろぎ空間
スバル ヴィヴィオRX-R KK3/4 1992-3

超高密度スポーツ集積マシーン

回せば回すほど楽しいエンジン
パワーをがっちり受けとめる軽快なフットワーク

4気筒DOHC16バルブ・スーパーチャージャーならではのリニアなレスポンス
4輪独立ストラットッサスペンション
フルタイム4WD
スバル ヴィヴィオRX-RA KK4 1992-12

エボリューション、RX-RA

4気筒DOHC16バルブ・スーパーチャージャーエンジン

ハードサスペンション

クロスレシオ・トランスミッション

ビスカス式フルタイム4WD&リヤ機械式LSD
スバル ヴィヴィオ T-top KY3 1993-5

クーペで、ゴキゲン
オープンでヘンシーン

気分に合わせてオープン、クローズド
フリースタイル・マルチトップの
T-top、誕生

富士重工40周年記念車
3000台限定
スバル ヴィヴィオ RX-R S1 1993-6

富士重工40周年記念車

専用オーディオ、エアコン、フロントウインドゥ熱反射ガラス、ブロンズガラス(サイド&リヤを特別装備)
スバル ヴィヴィオRX-R KK3/4 1993-8

4気筒DOHC16バルブ+スーパーチャージャーならではの痛快なパワーとトルク
直4DOHC16バルブ・インタークーラー付スーパーチャージャー・658cc・64ps/7200rpm

4輪独立ストラットサスが生み出すシャープなフットワーク

フルタイム4WD(2WD車もあり)が生み出す異次元のスタビリティ
スバル ヴィヴィオGX-T KY3 1994-1

スーパーチャージャー・オープンスポーツ

オープンでよし、クーペでもカッコいいVIVIO GX-T
パワフルな4気筒スーパーチャージャーエンジンと、スポーティな走りのスーパーオートマチックECVTを搭載

スタイリッシュで爽快な、オープン・ミニスポーツの誕生


1000台限定
VIVIO ヴィヴィオ KK3/4 1994-7

VIVIOは、運転するあなたの気持ちを何より大切につくられたドライバーズミニ
ますますハンサムになったフェイス

静かでスムーズ、そしてパワフルな4気筒エンジン

スバル独創の先進メカ。スーパーオートマチックECVT
スバル ヴィヴィオ RX-RA

ラリー用のコンペティション・マシン

4気筒DOHC+スーパーチャージャー、フルタイム4WD、クロスミッション、ハードサスペンション、リヤ機械式LSDを装備
スバル ヴィヴィオ スーパーチャージャー 1995-10

走りのスバルから生まれた
"VIVIO SPORTS"

RX-R
R-300
GX-R
GX-L
スバル ヴィヴィオ Reebok 1996-5

VIVIOのリーボック、新登場

コンセプトは"リーボック"
フォルムもインテリアも
スタイリッシュスポーティ
スバル ヴィヴィオ ECVTスポーツシフト 1997-5

ビストロ-SS/RX-SS

Dレンジからワンタッチで、マニュアルレンジへ

マニュアルシフトは、レバーをかる〜く押すだけ

思いのままのスムーズ加速で、「スポーティ」
しっかりエンジンブレーキで、「セイフティ」
スバル プレオ RA1/2 2000-10

走りのフルスペック

「スーパーチャージャー+7速スポーツシフトi-CVT」
7速スポーツシフトi-CVTは、ステアリングのスイッチを押すだけで、シフトアップ&ダウンが思いのまま
約0.2秒という素早いレスポンス

DOHCスーパーチャージャーは、64psの最高出力と10.1kg-mの強力トルクを実現
スバル フォレスター SF5 2000-12

NEWフォレスター
マルチスポーツ4WD
BOXER TURBO+SYMMETRY 4WD
どんなフィールドでも楽しめるオールラウンド性能

200mmというオフロード4WDにも匹敵する最低地上高を確保
重量バランスのよい優れた走りとともに、雪道やラフロードでは余裕の走破力を発揮する
スバル フォレスター STI II Type M SF5 2001-10

250PS&5MT
狙ったラインを正確にトレースするシャシーチューニング

専用のスポーツE.C.U、スポーツマフラー、インタークーラー&エアダクトホース、強化ストラット&コイルスプリング、ブレーキ、タイヤ&ホイールを装備

軽量な鍛造アルミホイールは都市の中でも美しい
スバル フォレスター L.L.Bean EDITION SG5 2003-1

フォレスターX20特別仕様車
世界中のアウトドアシーンで支持されてきた「L.L.Bean」

本革シートをはじめ、スポーティに上質に仕立てられたインテリア
ハードマット仕様でタフに使えるカーゴルーム
アウトドア感覚を着こなしたエクステリア
スバル サンバー K151 1961年

空冷2サイクルエンジン・360cc・18馬力・350Kg積

フルオープンウインドウ
路上から床までわずか35センチ、ヒザより低いところで積み下ろしが楽に出来る低床式荷台

軽自動車免許で乗れる
スバル サンバー K151/151V 1962年
軽4輪唯一の4扉ライトバン登場
横も後ろも開くライトバン
容易に積み下ろしができる万能貨客車
運転席を後ろへさげて安全でゆったりとした運転席、視界の広いパノラミック・フロントグラス、巻き上げ式で後方が見やすいサイドガラスなど安全運転しやすい操縦席
スバル サンバー 1963年
ライトバンにデラックス追加
実用性に乗用車なみの居住性とデラックスムードをプラスして、ビジネスにレジャーに使える貨客兼用の万能車
ウインド・ウエザーストリップにはステンレスモールディング、バンパー、ホイールキャップ、タンクキャップ、ドアハンドルはすべてクロームメッキが施されている
スバル サンバー 1964年

繁栄を招く・・・・サンバー

広くて広い荷台
強力なエンジンはスバル360と同じEK32型
18ps/4500rpm
スバル NEW サンバー K153 1966年
2代目サンバー
トラックの荷台は更に20%広く、地上からの高さは355mmと軽貨物車最低、しかも荷台のサイドゲートはワンタッチで開閉できるので、積み下ろしの容易さは抜群
ライトバンは荷物室の積荷容量が10%大きくなり、サイドドアーの巾が80mm大きくなった
スバル サンバー 1968-4

二代目サンバーはスタンダード的なデザインとなります

スバルマチックエンジン搭載

トラック、ライトバンがある
スバル サンバー 1969-8

より逞しく、より安全に、タフなサンバー

全車種25馬力にパワーアップ
オーバートップ装備をはじめ高速時代にそなえて使い易さ、安全性を重点に細部にわたり改良を加えたサンバーシリーズは性能が大巾に向上!
室内は広くて清潔、乗り心地も実に快適!
トラック・フラット(一方開き・三方開き)、ライトバン・4ドア・スーパーデラックスを加えて車種も豊富になった
スバル サンバー トラック・ライトバン 1970-7

酷使に耐え、タフに走る新設計エンジン!
2サイクル2気筒356cc・26ps/5800rpm

広く 使いやすく
便利な三方開き荷台!
使いやすく 頑丈な一方開き荷台!
低く、低く、積みやすい低床式荷台!

積み降ろしの楽な4ドアバン
ラッシュの街に機動性ある3ドアバン
スバル 新剛力 サンバー 1973-10

トラック(K71型)
ライトバン(K81型)
パネルバン(K72型)

広告キャラクターは名大関「貴ノ花」
スバル サンバー ライトバン K87/88 1980-10

マルチパーパス・ビークル

4WD新登場!
4WDセレクトレバーの操作ひとつで停止・走行中にかかわらず2WD-4WDの切り換えがスムーズにおこなえる

水冷4サイクルエンジン
2気筒OHC544cc・28ps/6000rpm
スバル サンバー K87/88 1981-10

ワイルド&マルチウェイ
多才な新サンバーライトバン

らくらく2ペダルのオートクラッチ新登場
気分爽快サンルーフ誕生

砂浜や雪道でも安全な4WDは大評判
スバル サンバー トライ KR1/2 1983-9

シェイプアップしたハンサムフェイス

4WD車はプッシュボタンで2WDと4WDを切り替えできる

ガラスエリアが広く視界も良好

コクピットは乗用車感覚
スバル サンバー トラック KT1/2 1984-2

ハイなトップのザ・ノッポ

ドライビングポジションも運転操作も、すべて乗用車感覚
荷台は低く積みやすい
荷台はハードワークが続いても、少しもネをあげないヤフネス設計

頭抜けた低燃費リッター26.2キロ
スバル サンバートライ KR1/2 1986-11

快適自在1BOXフルワゴン感覚

ライブ・イン・面白才能カプセル
後席もとびきり快適なシート設計
シートアレンジで多彩なスペース変化

強力ツインヒーター装備
DOMINGO ドミンゴ KJ5/6 1983-10

1リッター、1BOX、4WDカー

最小回転半径3.9mのコンパクトボディ、乗り降りのラクな低いシートと床面、視界良好のワイドなガラスエリアで、1BOXのウィークポイントをクリア

ひとりでも7人でも「快適」
スバル ドミンゴ KJ5/6 1985-4

1リッターエンジン
 +
7人乗り1BOX
 +
スバル4WDシステム
 =
みんなのドミンゴ
スバル ドミンゴ KJ5/8 1988-1

ドミンゴは、スペイン語で日曜日

街中でも運転しやすいコンパクトボディなのに、室内に入れば、想像を超えるビッグな7人乗り

KJ8型は、パワフル&エコノミーな1.2リッターエンジン
スバル独創の画期的なフリーランニング式フルタイム4WD搭載
スバル ドミンゴ GX-X KJ8 1992-2

ドミンゴ4WD
GXサンルーフ・サンサンウインドゥ
ツインエアコン付特別仕様車

海のブルーと雪の白。
年中無休で遊べるドミンゴです。

全国限定500台
スバル ドミンゴ GV-R FA8 1995-2

ドミンゴGV特別仕様車

1.2リッター・7人乗り・4WD
ECVT/5MT

ツインエアコン付
スバル ドミンゴ アラジン FA8/7 1996-4

キャンパー&リフトアップルーフ

ルーフを上げればロフトが出現

余裕の1.2リッターエンジンに、フルタイム4WD、ECVTも選べて、走りも快適
スバル キャンピングトレーラ キャンパーO(オー) 1972

普通免許でOK
1000ccの車で牽引できます

テーブルは大人4人がゆったり座れる広さで、テーブルを折りたためばベッドに早変わり大人3人が寝られます

キッチンやトイレもあり

オフィス用トレーラ「TR-1」もあります
旧車カタログ博物館 トップページへ戻る