旧車カタログ博物館 トヨタ マークII・チェイサー・クレスタ・ベロッサ・アルテッツァ


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る
コロナ マークII セダン/ワゴン RT60/62/76 1969-5
日本初のミリオンセラーカー、コロナから生まれた理想のコロナ
より広く、より低く、より美しく・・・
この新しい曲線美こそ真の高速車のイメージ
側面のカーブドガラス、セミ・ファストバック、直線的デザインでは表現できない高級感、力強さがマークIIスタイルにある
OHC1600cc・100馬力の豪華なSL車
SL(Sporty&Luxurious)はスポーティで豪華という意味
高速性能だけを追求した従来のSとちがって、快適な居住性・便利な装備品をプラスした、まったく新しい高速車
コロナ マークII セダン/ワゴン RT61/62/77/78 1970-9

日本を代表する高級ファミリーカー
光を受けて、微妙に変化する曲面美スタイル
エンジンは1700ccと1900cc
1700SLはスポーティで豪華
SUツインキャブ装着・最高出力105ps/6000rpm
ゼロヨン17.6秒
ダイナミックな4段フロアシフト、運転席まわりには丸型のスピードメーター、タコメーター、木目模様3本スポークのステアリング、ブースター付前輪ディスクブレーキなど装備
トヨペット コロナ マークII ハードトップ RT71/72 1971-2

精悍なイーグルマスクでデビュー
新型マークIIハードトップ

1900に新しく高性能SL車
OHC1858cc・115馬力
新設計4段ミッション装備のフロアシフト
見やすい丸型メーター、熱線入りリヤウインドゥも魅力

スポーティで豪華で安全
トヨペット コロナ マークII セダン/ワゴン RT61/62 1971-6

豪華<ゆうゆう設計>の高級車・・・それが、「おとなのマークII」
ファミリーカーの最高峰
カシッと決まる新設計4段ミッションをはじめ、3段コラムシフト、3速フロアのトヨグライド、コラムシフトのトヨグライドは2速と3速がある
パワーウインドウやパワーアンテナなど高級装備を備えている
コロナ マークII 1900ハードトップ GSS 1969-9

GSS専用カタログ

GSSはGrand Super Sportの略
SLよりも速くGTよりも快適な新しいジャンルの高速車

最高出力140ps
最高速度200km/h
コロナ マークII ハードトップ1900SL RT72S 1971年

5人乗りの広い室内をつつむ機能的なスタイリング
強大なパワーを秘めたOHC1900cc110馬力の新型エンジンを搭載
最高時速175km/h
SL(Sporty&Luxurious)の名が示すように、そのスポーティな走行性と豪華な操縦席が魅力
スピードメーターやタコメーターは丸型
ステアリング・ホイールやフロアシフト・ノブは木目模様
パワー・ウインドゥなど高級車にふさわしい豪華装備
トヨペット コロナ マークII コマーシャル 1968-9

コロナ商用車シリーズ 新発売

・コロナマークIIバン RT67V/66V
・コロナマークIIピックアップ(シングルピック/ダブルピック) RT66/66P
コロナバン RT46V/PT47V
トヨペット コロナ マークII バン RT68V 1971-2

精悍なイーグルマスク

500Kg積み 5人乗ってもまだ300Kg

シングルピック(RT69)・ダブルピック(RT69P)も載っています
マークII ハードトップ RX22/20/MX20 1971-12

NEWマークII

ハイグレード・パーソナルカー
6気筒2000ccのマークII-L
4気筒2000cc・1700cc
マークII ハードトップ 2000GSS RX22 1971-12
新設計の直4DOHCエンジン・総排気量1988cc
最高出力145ps/6400rpm
最高速度195km/h
一体式の豪華なコンソールボックス
強力なポルシェタイプセルフサーボシンクロの5段ミッション
大型ブースター付きブレーキは、前輪ディスクブレーキ
LSD標準装備
マークII MX10/20/RX15 1976-7

マークII、それは流麗な造形
時には華やかに、時には豪放に、マークIIの流麗なスタイルは、いつしか周囲の景色を見事に同調させてしまう

4気筒シリーズ<18R-U型エンジン>
51年規制に適合して新登場

自分だけの室内をオーダーメードできる、華麗な<エクストラ・インテリア>
トヨタ マークII バン RX17V 1973-9

オールラウンドカー・マークIIバン
ビジネスにはコマーシャルカー、レジャーにはスポーティカーと、好みで変わる

エンジンは100ccアップ
1808cc105馬力を秘めた流麗なスタイル

大きなラゲージ・スペース
5人乗り時300kg積、2人乗り時500kg積
マークII MX20/10/27/RX22/12/28 1975-9

Lシリーズ
ハードトップ・セダン・ワゴン

4気筒2000シリーズ
ハードトップ・セダン・ワゴン
マークII VAN RX17V 1975-12

商用車としての機能と気品を求めていくと、優れた乗用車の格が備わってくる
50年排出ガス規制に適合
広い荷室、静かな走り
充実したビジネルライフに気品を添える、使いやすいバン
天地無用の「こわれモノ」にもやさしい思いやりがこめられている
マークII VAN RX17V 1976-4

新しいマークIIバン
彫が深く、格調を高めた新鮮な顔つき

マークIIバンは、機能と気品の商用車

眼の動き、体の動きが、すべて自然な室内設計

一刻を争う商戦の厳しさを知っていればこそ、荷室からムダを省き、使い勝手のよさを追求した
トヨタ マークII 30系 1977-1

NEWマークII
サイズアップしたが、見た目はコンパクト
トヨタ2000GT以来の4輪独立懸架、4輪ディスクブレーキを採用

2600の4M-U型エンジンをはじめ、そのパワーは、軽い車両重量とあいまって、
敏捷な動動力性能を発揮
MARK II マークII 30/40系 1977-11
53年排出ガス規制適合(2000EFI・1800シリーズ)
華美に走りがちな車のなかにあって、マークIIのスタイルはあくまでもシンプル
シンプルな美しさが価値を持つ時代
静かさが、快適な乗り心地を生み出す
外が快適に見通せることの安心感は、マークIIの味わいのひとつ
サイドデフロスター効果で、雨の日のサイドウインドゥの視界良好
グランデシリーズはオートエアコン標準装備
MARK II マークII 30/40系 1978-9

セダン、ハードトップ。
ふたつの個性をくっきりと象徴するフロントグリル
シンプルな造形美の内に秘めたトヨタの技術の極み

洗練された風格・・・セダンシリーズ
反射神経を秘めたエレガンス・・・ハードトップシリーズ
車の効用を広く見つめ、人生をエンジョイする・・・ワゴン

トヨタ2000GTの技術を踏襲した4輪独立懸架
MARK II マークII 30/40系 1978-9

上記カタログと表紙の異なるバージョン

カタログno.(111194-5309)も同じ
トヨタ マークII 40系 1980-1

セダン、ハードトップ
ふたつの個性をくっきりと象徴するフロントグリル

洗練された風格・・・マークIIセダンシリーズ

反射神経を秘めたエレガンス・・・マークIIハードトップシリーズ
マークII バン 1800 TX47V 1980-3

充実のマークIIバン
飾りのないフォルムに、商用車の新しい姿が映ります

13T-Jエンジン
54年排出ガス規制に適合
商品に対する細かな配慮からも格調の高さを感じさせる、マークIIバンの荷室
充実した装備が、乗用車の系譜であることを物語っている
CHASER チェイサー 30/40系 1977-12

マークIIの兄弟車で、チェイサーとしては初代モデル
丸型2灯式ヘッドライト
マークIIよりも走りのイメージをアピールしていたので、ハードトップも多数販売されました
4輪独立懸架・4輪ディスクブレーキ装備
広告キャラクターは「草刈 正雄」
トヨタ チェイサー 30/40系 1978-8

「クルマは凛凛しく走らなければいけない」精悍なフロントマスクが、鮮烈なボディカラーが、きたえ抜かれた足が、そう主張している
粗野を認めない大人の気品と、洗練された走行感覚を身につけて、新チェイサー登場
53年排出ガス規制適合M-EU型エンジン搭載
6気筒OHC・1988cc・125ps/6000rpm
2000SGSは、ハーダーサスペンション装備
トヨタ マークII 60系 1980-10

トヨタ最高級オーナーカーの位置づけで、4ドア専用モデル

4輪独立懸架、ベンチレーティッド・ディスクブレーキなど走行性能も充実
高級感がある角型4灯ヘッドライトのセダンに対し、角型2灯ヘッドライトのハードトップは俊敏なイメージを持つ

ワゴン車もラインナップされている
トヨタ マークII ターボ MX61 1981-10

マークIIに、ターボサルーン新登場

高性能M-TEU型エンジン搭載
直列6気筒OHC1988cc
最高出力145ps/5600rpm
最大トルク21.5kg-m/3000rpm

ターボ効果をあげるO.D.付4速フルオートマチック
トヨタ マークII ターボ MX61 1982-2

145ps 高性能M-TEUエンジン

カタログではサーキット走行にて走りをアピール

広告キャラクターはトムスの「舘 信秀
トヨタ マークII 60系 1981-10

技術を極め、豪華なゆとりを漂わす
機能の追求こそファーストクラスの条件

高性能M-TEUターボエンジン新登場
6気筒1988cc・145ps/5600rpm
「吸気スワールポート」とターボのベストマッチングにより、高トルクと低燃費を実現
トヨタ マークII 60系 1982-8

レーザーアルファ1Gツインカムを得て、ファーストクラスのマークIIがダイナミックにチェンジ
パワーの意味、スタイルの意味、豪華さの意。
すべてを見つめ直して、いま、高級車の新しい走りの世界へ。
1G-GEU型6気筒DOHC24バルブ・1988cc・160ps/6400rpm
広告キャラクターは「長嶋 茂雄
トヨタ マークII 60系 1983-2

人生をダイナミックに広げる、先進のワゴン(GX60G)

いちだんとエコノミーとなったレーザー1Gに、先進のミッション、2ウェイO.D.付4速オートマチックをドッキング
豪華さを磨いた、キャビン&ラゲッジスペース
フォグランプ一体異形大型ヘッドランプ、時間調整式間欠ワイパー、電圧計&油圧計などを採用
広告キャラクターは「長嶋 茂雄
トヨタ マークII 60系 1983-8

贅なるクルーズを、グランでな男たちへ。

ツインカム24と電子制御オートマチック=ECTの夢の組合せは、マークIIの比類なき歴史にさらに輝きを与えた

さらにリッチ。賞賛のキャビンをグレードアップ
室内をさらに高級化

豪華さ。快適さ。爽やかさ。豊かな装備で充実
チェイサー 60系 1981-5

鈍重な高級車からスポーティな高級車へ
風を切るスラントノーズ
伸びやかパワーNEW-1Gエンジン

強靭なフットワークを生み出すハーダーサスペンション
もちろん4輪独立懸架
4輪ディスクブレーキ、フロントは冷却効率の高いベンチレーテッド
「GT」は18R-GEU型DOHCエンジン搭載
CRESTA クレスタ GX51/TX50 1980-3
鋭い直線を基調とした気品のボデースタイル
空気力学の追求から生まれた機能美
画期的なNEW-1G-EUエンジン
直6OHC・1988cc・125ps/5400rpm
6気筒エンジンの常識を超えたパワフル、エコノミィ、コンパクト
4輪独立懸架
耐フェード性にすぐれたベンチレーテッド・ディスクブレーキ
最上級モデルはスーパールーセント
トヨタ クレスタ MX51/GX51/TX50 1982-4

ターボ誕生
圧倒的な加速を示すポテンシャルの高さと、すぐれたドライバビリティをみごとに両立させた新時代のターボ
鮮烈な走りが、ザ・エクスクルーシブ・カーの価値をさらに高める

M-TEU型
6気筒OHC・1988cc
145ps/5600rpm
クレスタ GX61/MX61/SX60 1982-8

トヨタの最高級パーソナルセダン、クレスタ

新たに1G-GEU型ツインカム24バルブエンジン搭載
直6DOHC・1988cc・160ps/6400rpm

クルーズコンピューターは、航続距離、到着推定時刻、減算距離計、積算距離計、デジタル時刻表示、時刻アラーム、消費燃料の7項目を演算、表示
オートドライブは、40km/hならアクセルから足を離して定速走行が可能
トヨタ マークII GX71/MX71/SX70/LX70 1984-8

トヨタの最高技術のすべてを注ぎ込んで新型マークII新登場

日本の先進テクノロジーが創りだしたハードトップ
セダンの新気流、フラッシュサーフェスウインドゥ

電子制御コクピット
新しいマークIIは、エレクトロニクスとの心地よい会話を約束
新世代エンジンLASRE+新世代サスペンションPEGASUS
トヨタ マークII GX71/MX71/SX70/LX70 1984-11

美しい正統
新型マークII登場
究極のファン・トゥ・ドライブ

新世代エンジンLASRE(レーザー)搭載
そのトルクとパワーを受けとめるにふさわしい足、PEGASUSを備える

広告キャラクターはトムスの「九代目 松本幸四郎
トヨタ マークII GX71/SX70/LX70 1985-11
晴れやかに頂点へ。高級車としてのプライドが、ツインカム・ツインターボを生みだした
1G-GEU型・直6ツインカム24バルブ・ツインターボ
1988cc・185ps/6200rpm(ネット)
そのトルクとパワーを受け止めるにふさわしい足「PEGASUS」
高速走行で、余裕のある安定した直進性
しかもしなやかに確実にコーナーをこなせる卓越の操縦安定性
高級車のファン・トゥ・ドライブを極限まで追い求めて熟成させた新技術
マークII グランデ リミテッド GX71 1988-2

特別仕様車グランデ・ツインカム24&グランデ

ツインカム24はパールのボデーカラーを基調に、外観を上品にカラーコーディネイト
室内も贅沢に、エレクトロニック・ディスプレイメーター、マルチアジャスタブルパワーシートを採用
TOYOTA CRESSIDA 1984-8

マークIIのUSA版

セダン&ワゴン
TOYOTA CRESSIDA 1987-8

マークIIのUSA版

セダンボディ
TOYOTA CRESSIDA STATION WAGON 1988-10

英語版
トヨタ チェイサー GX71/MX71/SX70/LX70 1984-8

野望マキシマム。
誕生 トヨタGT-サルーン
GTを超えた走りを。サルーンの豊潤な乗り心地を。
トヨタのGTサルーン、新チェイサー
それは、野望という名の高級車

カーエレクトロニクスの粋・・次代のコクピット
フィット&ラグジュアリー・・優しさのシート設計
クルマを乗り心地のよいキャビンに・・先進の空調システム
トヨタ チェイサー GX71/SX70/LX70 1985-10

ツインカム・ツインターボ新搭載
1Gツインカム24ツインターボ・1988cc
最高出力ネット185ps/6,200rpm
最大トルク24.0kg-m/3200rpm

GTツインターボ系は専用スポーティバージョン
本格バケットタイプのスポーツシート
ピレリP6タイヤ(205/60R15 89H)
専用に強化された足まわり
CHASER チェイサー GX71/SX70/LX70 1987-8

タキシードを着た高性能
そんな言葉がよく似合う

GTツインターボ
走る貴公子

ツインカム24はトルク性能が大きく向上
CRESTA クレスタ GX71/SX70/LX70 1984-8

トヨタの最高級パーソナルセダン
クレスタの新しい挑発が始まる

ストイックな美しさをたたえたフォルム
アートの顔を持つインテリア
ツインカム24と新ペガサスサスペンション
ドライバーの視角にダイレクトに訴えかける見やすいメーター系
広告キャラクターは「山崎 努」
CRESTA クレスタ GX71/SX70/LX70 1985-11

GT・ツインターボを得て、クレスタの世界はさらに深く、気高く。
トヨタの最高峰パーソナルセダン

最新テクノロジーをつきつめて気品。男の独占欲を刺激するコクピット
男の独立空間にこだわりたい。妥協のない高級車、スーパールーセント
LASRE+PEGASUS
トヨタ クレスタ GX71/SX70/LX70 1986-8

後期型

格調を高めたフロントビュー
新エレクトロニック・ディスプレイメーターを配し、機能美を追求したコクピット

パワーアジャスタブル機構で、豪華さをきわめたスーパーラグジュアリーシート
マークII GX81/SX80/LX80 1988-8
名車の予感
モデルチェンジを重ねるたびに輝きを増して、静かに実ってゆく、サルーン
マークIIのテクノロジーがなしえたものは、人とクルマの深い一体感
ツインカム24スーパーチャージャー新搭載
1G-GZE型エンジン・直6DOHC・1988cc・170ps/6000rpm
ツインターボの1G-GTE型は、210ps/6200rpm
リヤダブルウイッシュボーンサス採用の高性能4輪独立懸架
マークII MX83/GX81/SX80/LX80 1989-7
大いなる、存在感。マークII3000
新登場
3.0グランデG
名車のためのDOHC
レーザーα7Mツインカム24搭載
7M-GE型エンジン・直6DOHC・2954cc・200ps/5600rpm
フルバランスクランクシャフト採用など、低振動・低騒音化も徹底
すべりやすい路面での発進・加速に威力
TRC(トラクション・コントロール)新採用
マークII MX83/JZX81/GX81/LX80 1990-9

後期型
グレードを高めたスタイリングに、ゆとりある新2.5Lエンジンを搭載

1JZ-GTE型エンジン・直6DOHC
2491cc・280ps/6200rpm(GTツインターボ)
TOYOTA CRESSIDA 1989年モデル

USA版
1988-8発行
TOYOTA CRESSIDA 1990年モデル

USA版
1989-9発行
TOYOTA CRESSIDA 1988-8

英語版
TOYOTA CRESSIDA 1990-9

英語版
チェイサー GX81/SX80/LX80 1988-8

表情に華がある。風格がある。
アバンテG

ツインカム&ターボ。力強さが、美しい。
GTツインターボ

TEMS、4輪ESCなど先端テクノロジーを採用

乗る者の自由な振舞を許す、ふところの深いキャビン
チェイサー MX83/JZX81/GX81/SX80/LX80 1990-8

後期型

新搭載レーザーアルファ-II・1JZツインカム24
2.5GTツインターボ
直6DOHC・2491cc・280ps/6200rpm

洗練、エクステリア
スマートな知性に包まれた、伸びやかな造形
クレスタ MX83/JZX81/GX81/SX80/LX80 1990-8
2.5リッターという、高級車の新しい領域をひらき、パーソナルセダンに、より個性的な時代がやってきた
・2.5スーパールーセント
のびやかに、美しいラインを描くサイドフォルム
風格を増したフロントマスク、クレスタならではの洗練された気品が漂う
・2.5GTツインターボ
先進のパフォーマンスを秘めた、気品のパーソナルセダン
1JZ-GTE型エンジンは、直6DOHCツインカム24バルブ
2491cc・280ps/6200rpm
マークII 90系 1992-10

高級パーソナルサルーン
マーク・ザ・マークII

ツアラーVは、走りを極めた一台
ネット280PSを有する2.5Lツインカム24ツインターボに秘められたポテンシャル
4輪ダブルウィッシュボーンサス、前後輪異径タイヤ、ダークメタリックフロントグリル
ツアラーSはノンターボ
マークII 90系 1994-9

後期型
フロントまわりは、バンパーおよびラジエータグリルのデザインを一新
リヤは、コンビネーションランプ、センターガーニッシュをデザイン変更

ハイパフォーマンス、ハイポテンシャル、ハイクオリティ
全グレードに標準装備されたマイコン制御によるオートエアコンは、静粛性にも優れる
マークII 4ドアハードトップ 特別仕様車 90系 1994-12

2.0 グランデ レガリア
特別色のボディカラー、195/65R15 91Hスチールラジアルタイヤ、専用リヤエンブレム装着
室内には、本革巻き・4本スポークステアリングホイール、ワイヤレスドアロックリモートコントロールを採用
2.4D グロワール リミテッド
本革巻き・4本スポークステアリングホイールが、ツヤあり木目調インパネセンタークラスターが、落ち着きあるムードを醸し出している
トヨタ チェイサー 90系 1995-8

ドライバーとクルマのインターフェイス
それがコクピット
チェイサーは先進のエレクトロニクスが、ベストサポートしてくれる

TOURER
走りへのこだわり
チェイサー・ツアラー
トヨタ チェイサー 特別仕様車 90系 1995-12

アバンテ・ロードリー&ナビパッケージ装着車
(2.0/2.5)

2.0アバンテ・リミテッド

2.4ディーゼル・ラフィーネサルーン
クレスタ 特別仕様車 GX90/LX90/JZX90 1993-10

2.0スーパールーセント”エクシード”
力強いグリップを生む195/65R15タイヤ。しっかりとした本革巻きステアリングの感触。

2.4シュフィール”サルーンパッケージ”
ディーゼル・ターボエンジンを搭載

2.5スーパールーセント”ハーモニーパッケージ”
爽やかな専用色、スーパーホワイトパールマイカを採用
トヨタ マークII 100系 1996-9

NEWマークII
BEAMS VVT-i
エンジン回転数、アクセル開度に応じて吸気バルブの開閉時期を最適に制御
世界トップレベルの衝突安全性を実現した衝撃吸収ボデーGOA
4-AIRBAGS
運転席、助手席の前方およびシートの側面に合計4つのSRSエアバッグを配備
トヨタ マークII グランデ トラント JZX100/GX100 1998-8
生誕30周年記念特別仕様車
「トラント」はフランス語で「30」を意味する
落ち着きのあるセージカラーのインテリア
ひときわシックな印象が漂う本革巻き+ウッド調の4本スポークステアリングホイールと本革巻きシフトレバーノブ
シート表皮はこのクルマのために用意されたオリジナルデザイン
前後・上下調整式のヘッドレストやボックス付リヤセンターアームレストなど装備
マークIIワゴン クオリス 特別仕様車 1998-10

Xパッケージ・フルカラーJパッケージ(MCV21W/25W/SXV20W/25W)

ディーラーオプションの「Aero Sports Package」
トヨタ チェイサー 100系 1996-10

6代目チェイサー登場

画像は2.5ツアラーV
1JZ-GTE型エンジン
直列6気筒DOHC・2491cc・280ps/6200rpm

路面追従性や高いコントロール性を発揮する、4輪ダブルウイッシュボーンサスペンションを採用
トヨタ チェイサー 100系 1998-8

3.0Lから1.8Lまで、幅広いエンジン・ラインナップを誇る
2.0LエンジンにVVT-iを新採用し、チェイサーのパワーユニットは一段と強化された

最先端のテクノロジーの導入や、各部のチューニングなどを積極的に行い、レスポンスが良く加速力に優れたエンジンや、グリップ力に優れた足まわりが一段とレベルアップした
トヨタ チェイサー TRDスポーツ JZX100/GX100 1999-12

ベース車はツアラー

外装はエアロパーツで架装され独創的なフォルム

サスペンションキット、マフラー、ブレーキパッドなどオプションパーツも豊富に揃っている
トヨタ マークII JZX110/GX110(115) 2000-10

NEWマークII

鍛え抜かれた、洗練された全身
「GRANDE iR-V」と「GRANDE-iR-S」
iRには、知的な速さ(Inteligent Rapidity)という意味が込められている
1JZ-GTE型ツインカム24ターボVVi
2491cc・280ps/6200rpm(iR-V)
専用のチューニングを施したサスペンション
トヨタ マークII FORTUNA JZX110 2001-1

フォーチュナはヨーロピアンテイストのエアロパーツを装備

専用チューニングされたローダウンスポーツサスペンション

リヤボディの剛性が強化されている
トヨタ マークII FORTUNA JZX110/GX110 2002-10

YAMAHA Power by MODELLISTA
幾多のモータースポーツシーンにおいて名声をとどろかすYAMAHAのノウハウが、惜しげもなく注ぎ込まれたエンジン1JZ-GTE
300ps/6200rpm
足元を固めるのは大迫力の軽量6本スポーク18インチアルミとモデリスタが専用チューニングを施したローダウンサスペンション
マークIIブリット JZX(GX)110W/115W 2002-1

走りを、心から愉しめるワゴン

シャープでダイナミックなスタイル
ツーリングを心ゆくまで味わうためのスペース
プレミアム・スポーティ・ワゴン
マークIIブリット JZX(GX)110W/115W 2004-12

プレミアム・スポーティ・ワゴンの頂点2.5iR-V
大いなる走りの予感2.5iR-S
Power&Ecology
4輪ダブルウィッシュサスペンション
電子制御フルタイム4WDシステム
トヨタ ヴェロッサJZX110/GX110/115 2001-7

カーデザイナーが創造力のすべてを注ぎ込んだフォルム
大人の美意識を魅了する
フォルム、ドライビング、テクノロジー、そのすべてがエモーショナルで、ドライバーの五感をとらえて離さない

4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション
力強いエンジントルクをしっかり伝え、サスペンションの働きを最大限活かす高剛性ボディ
トヨタ ヴェロッサ Speciale JZX110/GX110 2002-1

ラテンの熱い鼓動が聞こえてくる「スペチアーレ」

エクステリア・インテリアに施された専用のスペシャルアイテム装備

トヨタ・モデリスタのカスタマイズ車
ALTEZZA アルテッツァ SXE10/GXE10 1998-10

待望の4ドアセダン「アルテッツァ」誕生
スパルタンなRS200 6M/T、さらに最先端オートマチックを組み合わせた爽快スポーツRS200 5A/Tステアシフトマチック
より洗練されたスポーツを届けるAS200 4A/T
RS200は3S-GE型エンジン搭載
4気筒DOHC・1998cc・210ps/7600rpm(6M/T)
トルセンLSD、大径4輪ディスクブレーキ、トラクション・コントロールを装備する
アルテッツァ クオリタート 1999-6

特別仕様のアルテッツァ

専用のインテリア、エクステリアを装備

オプションで、スポーツパーツも装着可能
アルテッツァ スーパーレッド 2000-1

スリリングとスタイリッシュ。
2つの刺激が加速する。

心を加速させていく、REDがある。”クオリタート スーパーレッド”

瞳を虜にする、REDがある。”Z エディション スーパーレッド”

期間限定販売・2000年1月〜3月
アルテッツァ SXE10/GXE10 2001-5

後期型

走りの基本である「走る」「曲がる」「止まる」のかつてない高次元なバランス

機敏でしなやかな運動性能と操縦安定性を支えている高剛性ボディ

Zエディション、Lエディションは、CD値0.29
アルテッツァ ジータ GXE10W/JCE10W/15W 2001-7

ハッチバックモデルのジータ

クーペの軽快さとワゴンの機能性を併せ持つ
3リッターモデルもある
JCE15W型は3リッターのフルタイム4WD車

トランスミッションは、6速マニュアル、ステアマチック付スーパーインテリジェント5速オートマチック、電子制御フレックスロックアップ付4速オートマチックの3種
旧車カタログ博物館 トップページへ戻る