旧車カタログ博物館 ダイハツ フェロー、ミラなど


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る
ダイハツ 新発売 フェロー L37 1966-10

スタイルは美しいプリズムカット

360cc最強の23馬力エンジン
最高時速100km
0→200m加速は15.7秒

乗り心地は乗用車なみ
小型乗用車なみの広く、明るい室内
ダイハツ フェロー 1968-3

フェローは英語(fellow)で仲のよい友達のこと

水冷2サイクルエンジンは、するどい出足、耐久力があり、静かです!!

凸凹道やハイウェーもOK
ダイハツ フェロー 商用車シリーズ 1969-3

バンスーパーデラックス,バンスタンダード,ピックアップ,パネルバンのラインナップ

ダイハツ軽自動車シリーズは、120万台の総生産台数を突破
自動車総生産台数は200万台を突破
ダイハツ フェローSS 1968-5

フォー ヤング フェロー

32馬力
最高時速115km
加速1/4マイル21秒2

2サイクルエンジンの限界を追求!
10.6:1の高圧縮比、ソレックスタイプのキャブレター2個に大型エアクリーナー、最も効率よい吸排気システム
ダイハツ フェローSS 1968-9

32PS/6,500rpmのエンジンで、最高時速115km/h、0 → 200m 13.18秒をマークする

内装やホイールキャップも黒、デュアルテールパイプ、SSエンブレムで精悍さアップ

前輪はダブルウィッシュボーンジョイント
後輪はダイヤゴナル式スイングアクスル採用
ダイハツ フェロー 1969-2

ニュー・タイプの登場

スタイルはきらめくプリズムカット
大人4人がゆったりすわれる余裕ある居住性

水冷2サイクル23馬力(SSは32馬力)

静かで強力
100km/hになっても余裕のパワー!
FELLOW フェローSS ニュータイプ

ニュータイプはSS1/4マイル21.2秒

ハイパワーにツーリング装備をプラス

リクライニングシート、ヘッドレスト、砲弾型ミラー、高級ラジオなど装備

ボディカラーは赤、白、黄の3色
ダイハツ フェロー 1969-6

デザイン一新・快適安全設計も充実!

高級仕上げのバケットシートは乗る人のからだに完全にフィット

パワーアップ水冷26馬力エンジン
26ps/5500rpm・最高時速110km・SS1/4マイル22.9秒
(SSは32ps/6500rpm・115km/h)
フェローMAX L38 1970-6
MAXは、もっともすぐれたものの代名詞。
躍動感あふれるロングノーズ&カムテール!
可倒式のセミ砲弾型フェンダーミラー
水冷横置き新エンジン、FF、チルトハンドル!
2サイクル2気筒356cc・33ps/6500rpm
パワフル性能を豪快に引き出す前進4段フルシンクロミッション
4輪独立懸架のサスペンション
フェローMAX SS L38 1970-7
スピード感いっぱい
ロングノーズ&カムテール
SSの2文字が輝く黒いグリルまわり
砲弾型のスポーツミラー
40ps/7200rpm
ゼロヨン19.8秒
最高速度120km/h
フェローMAX L38 1972年

ハードトップ・セダン・バン

あなたのお店にとことん尽くす繁栄バン
中低速域に強い3ポートエンジンを搭載して、悪路・曲路をモノともせず、じゃんじゃん稼ぎまわる
フェローマックス 4ドア L38 1972-10

ファミリーで乗るには、やはり4ドアが便利
ホイールベースが長いから、室内高に余裕があるから、たっぷりの空間を感じとれます
車両重量 510kg
356cc水冷2サイクル2気筒エンジン
最高出力31ps/6,000rpm
フェローMAX ハードトップ L38 1973-5

1973年5月発行

パワーダウンしたが、それでも356ccで37psを発揮する

広告キャラクターは「小鹿 ミキ」
フェローMAX 4ドア・2ドア L38 1973-10

新フェローMAX誕生

より静かに、より安全に、よりきれいに
エンジンロケーター
やマフラー形を改良
アイドリングのときの音がぐっと小さく静か
ダイハツ フェローMAX L38 1975-2

FF+4輪独立懸架
タフな水冷エンジン
この確かな機構
信頼のメカニズム
頼れる足、MAX
ダイハツ フェローMAX バン L38V 1971

発売以来8ケ月、使いやすさとカッコよさであらゆる業種の方に好評のMAXバン

フロントグリル・計器盤・シートの材質などを一新
ダイハツ フェローMAX バン L38V 1973-5

新MAXバン
むこう三軒両隣を考えて、より静かに、より安全に、よりきれいに
2人乗車時/300kg
4人乗車時/200kg
ダイハツ フェローMAX バン L38V 1974-5

店の足・商売の足

スタイルはMAXゆずりでスマートそのもの
室内、荷室も広々
エンジンは360cc31馬力
フェローMAX 550 L40 1976-4

新登場550

排気量アップしたのに、ますます低燃費
10モード燃費18.5km/L
FF+4輪独立懸架。伝統の走りのメカ
ゆとりが生んだ静かな乗り心地
フェローMAX 550 L40 1976-12
新開発550cc4サイクルOHCエンジン搭載
希薄燃焼方式(DECS-L)の採用で、51年排ガス規制に適合
最高出力28ps/6000rpm
FF+4輪独立懸架。伝統の走りのメカ。
ゆとりが生んだ静かな乗り心地
安全をいちだんと強調「大型バンパー」
MAXクオーレ L40 1977-8

FFのクオーレ
ボディサイズも室内幅もワイド

エンジンは新規格550cc

安定性と乗り心地を追求した足回りは、4輪独立懸架

広告キャラクターは引き続き「小鹿ミキ」
クオーレ L55 1980-6

モデルチェンジで車名がマックス・クオーレからクオーレとなる

クオーレは乗用車

4ドアと3ドアモデルがある

ダイハツのFF駆動は10年の実績で安定感も上々

広告キャラクターは「岡田奈々」
クオーレ L55 1982-10

マイナーチェンジでフロントグリルなど変更

背を高くしたトール・デザインで、ヘッドクリアランスも十分

ソフトな乗り心地や、静かさへの配慮も徹底されている

最高出力はミラより2馬力アップの31ps/6,000rpm
誕生 ミラ・クオーレ L55V 1980-6

世界のタウンミニの主流2BOXを進化
小さなクルマの大きなスペース「1.5BOX」の誕生

広い室内空間を実現、視界も良好

エンジンはOHC2気筒547cc
最高出力29ps/6,000rpm

ミラ・クオーレは商用車で税金が安く、クオーレよりヒットした
ミラ L55V 1982-11

後期型

「クオーレ」の名が外された

シンプル・イズ・ベストを貫いたインストルメントパネル
運転のしやすさは、この簡潔なレイアウトから生まれる

エンジンは騒音・振動を防ぐコッグドベルト&バランスシャフト採用
ミラ L55V 1983-6

ミラがリフレッシュされた
ドアミラー装着

オートマチックのミラ、新登場

5速、ラジアル、ディスクブレーキ、タコメーター
ミラSタイプ、新登場
ダイハツ ミラ ターボ L55V 1983-10

ペパーミント・ターボ誕生
このクラスで40馬力を超えたハイパワー、41ps/6000rpm
華麗なる「走りの冒険児」

前後サスペンションのショックアブソーバーを、硬めにセット
操縦安定性が高まり、コーナリング時のロールを少なくしてる
ミラ L55V/56V 1984-10

ドアミラー装着でスタイリッシュに変身

145SR10ラジアルタイヤ、アルミホイール、ブースター付前輪ディスクブレーキ、タコメーター・・・
スポーツマインドいっぱい、気分の爽快なSタイプ

スタイリッシュな都会感覚はそのままに、優れた走破性を身につけたミラ4WD
雪道でも悪路でも、軽やかに、優雅に走る
ミラ ウォークスルーバン L55V

1984年7月発行

Aタイプ 1人乗り
Bタイプ 2人乗り
Cタイプ 2人乗りでスライド式の大きなリヤサイドウインドを備えた、開放感あふれるマルチビークル
ミラ L70V/71V 1985-8

より美しく、よりたくみに
ミニを超えて、すべてが新しいミラ

新開発3気筒エンジン
新設計4輪独立懸架サスペンションによるゆとりある走り

走破性の優れた4WDもある
ミラ ウォークスルーバン L70V

1985年11月発行

ワンボックスとは一味違います

デリバリーに大活躍!
ダイハツ ミラ L70V/71V 1986-12

Cタイプ
'86グッドデザイン選定商品
MIRA ミラ L70V/71V 1987-8

後期型
みんなミラから、目が離せない。
元気な走りと、とびきりの乗り心地
リビング感覚いっぱいの室内と、ますます充実した装備

駐車状況に合わせて、左右都合のよいドアから乗り降りできる「サイドスルーオートマチック」

便利さ、楽しく広がる5ドア
情熱の走りと、ゆとり「オートマチック・ターボ」
ミラ COTY L70V 1987-9

80周年記念限定車「コティ」

エアコン&ステレオ付き
全国限定2000台

落ち着いたインテリアがシック
広々、開放的な室内
カラーバンパー&グリル、カラードアミラー、カラーアウターハンドル、ファッションホイールキャップがスタイルを美しくひきしめる
ダイハツ ミラ ターボ L70V/71V 1987-10

TR-XX
風が、加速した。
スーパー・エアロフォルムに、さらに磨きをかけた
TRダブルエックス

3気筒OHC
547cc・58ps/6500rpm
ダイハツ ミラ 4WD L71V 1987-10

EFI装着
ネット58PSエンジン搭載の
フルタイム4WD新登場
ダイハツ ミラ ターボ L70V/71V 1988-10

ヘビーだぜ、ベビー
スポーティ・ミニの先駆車、TRダブルエックスは、
いま、ネット64PSを発生するハイパワーエンジン(EFI装着車)を搭載して、
新たな走りのステージへ発進した
ダイハツ ミラ ターボ L70V/71V 1989-4

FULL TIME 4WD EFI
自在の走行性能を生むビスカス・カップリング機構

四輪が、大地をかむ。

ホールド性に優れ、シートバックは肩や腕の動きをさまたげない形状の
バケットタイプ・フロントシート
ダイハツ ミラ パルコ L70V/71V 1989-8

こんどのミラ・パルコはSで登場!
Sってこんなに素敵です。

スピリットのS?
センスのS?
スマイルのS?
すべて正解
ダイハツ クオーレ L70S 1986-8

ミニの新しいステータス「クオーレ・グラン」
高性能3気筒エンジンが生み出す、のびやかな走りと静けさ
4輪独立懸架
サスペンションによる、安定感のある優れた乗り心地
1.3BOXスペーシィシェイプデザインの流麗なフォルムに秘められた、広い居住空間
まさしくミニ・サルーン、クオーレ・グラン
ダイハツ クオーレ L70S 1988-3

いまやトレンドとなった
1.3BOXのスペーシィシェイプのフォルムとのマッチングが美しいフロントマスク

定評の3気筒エンジンと四輪独立懸架によるのびやかで静かな走り

ターボCR
新採用の水冷ターボチャージャー・エンジン
ミラ & クオーレ AZBY L70V/71V/70S 1988-10

ミラ・アズビィとクオーレ・アズビィ

エアコン&AM/FMハイファイステレオ付

ミラ全国限定4,000台、クオーレ全国限定1,000台
ミラ パルコ’90 L70S/70V 1990-1

ひとつ上ゆくスタイル&装備!
エアコン、ステレオ、4スピーカーと、快適装備万端

PS/PWはパワステ、パワーウインドをプラス

ムーンルーフ仕様もある
ダイハツ ミラ ターボXX L200S/220S/200V 1990-3

大きくなって、全身フルモデルチェンジ
4WS ターボ・・TR-4 EFI新登場

新開発660cc12バルブEFIターボエンジン
SOHC3気筒
659cc・64ps/7500rpm

優美なエアロフォルム
ミラ ウォークスルーバン L200V/200W/210V

2WD・4WD

ニューボディで660ccにスケールアップ

A・B・Xタイプがあり、Xは右フロントドアも装備
ミラ MICHITO ミチート L200V/210V 1990

移動販売車

ガルウイングの軽快ストア。

リヤビューも注目のまと!
<Zウインド>
Zのかたちの大きな窓
ミラ L200S/210S/220S 1991-5

新しいミラは、美しく可憐なフォルムと、元気のいいエンジン
丈夫でしっかりしたハイ・クオリティ
生活のスタイルや好みで選べる豊富なバリエーション
4人がやったりと座れて、長いドライブも楽しい
軽快、パワフルな660cc12バルブエンジン
快適な乗り心地を生む、4輪独立懸架サスペンション
剛性が高くサビにくいボディは、静かさまでワンランクアップ
ミラ ターボXX L200S/210S/220S 1991-5

ミニ初の4速オートマチックと、快速のアバンツァート新登場
快感、刺激的なダブルエックス
スパルタンなエンジンや足まわり、高度なクオリティと安全性を秘めたエアロフォルム
4輪独立懸架&大径スタビライザー
走りに安定感が生まれる低重心ボディ
ダイハツ ミラ L200S/210S/220V/210V 1991-11

どんなシーンでもオールマイティに活躍できるミラ
安心のハイクオリティ
ミニのお手本

確かなブレーキシステム
夜間走行をより安全に、ハロゲンヘッドランプ
安全性を高める、サイドインパクトビーム
ブレーキングを確実に知らせる、ハイマウントストップランプ
ミラ ターボXX L200S/210S/220S 1992-8

それは、快感性能

12バルブEFIターボエンジンは3気筒OHC659cc
最高出力64ps/7,500rpm

前輪ベンチレーテッドディスク&60タイヤ装備
ミラ ターボ RV-4 L210S 1992-8

アクティブ・ビークル
洗練されたスポーティーなフォルムに躍動感あふれる走り

最高出力64ps/7,500rpm

あらゆる道を走破するフルタイム4WD
ミラ L200S/210S 1993-9

長くつきあえそうな、さり気ないスタイリング

剛性が高くサビにくいボディ
静粛性も高い

軽快なフットワークを生む、4輪独立懸架サスペンション
DAIHATSU CUORE 1990-5

英語版
ダイハツ ミラ TR-XX AVANZATO 1995-10

全車ツインカム・ターボ搭載

4WD(R4)4速AT新登場
ミラ&ミラModerno L500S/502S/510S 1995-10

ミラモデルノ誕生

人呼んで、イタリアンなでしこ。
イタリア気分いっぱい
シックで大人っぽいフロントフェイスと、シェイプアップしてぐっとひき締まったボディライン
ダイハツ ミラ X4 4WD & X2 2WD

1995年10月

エンジンは鍛造ピストンなどでチューンアップ

軽量化、大口径マフラー、クロスミッション、強化サスペンションを装備
X4-R L210S

モータースポーツベース車

クロスミッション、大径マフラーを装備して、ボディも軽量化された全日本ラリーにも参戦のマシン
ダイハツ ミラ L700S/710S 2000-10

みんなのベスト・スモールカー
ニューMIRA誕生
衝突安全ボディTAF<タフ>
安全インテリアSOFI<ソフィ>
すべてにトップを目指したTOPAZ<トパーズ>エンジン
DVVTとecoCVTの組み合わせで、抜群の低燃費を実現
ダイハツ リーザ L100V/100S 1986-11

ソロ・サピエンス

ノーズからヒップに流れる、きらめくボディライン
気分にしっくりフィットするインテリア
リアシートを後ろに倒すとオールフラットになる
シャープで軽やかな走りを生む、ハイレスポンス3気筒エンジン

広告キャラクターは「上田 浩恵」
ダイハツ リーザ L100V/100S 1987-8

エアロ・ヘイサイクル(半円球形)の、最先端を行くフォルム

ターボエンジンはインタークーラー付きで、最高出力50ps/6,000rpm
確かな走行性と乗り心地を両立したFF+4輪独立懸架
ブースター付きディスクブレーキは確かな製動力

リヤスペースも十分確保されている
ダイハツ リーザ オキシー 1987-10
スポイラーを装着した、ディープメタリックの精悍なフォルム
ネット50PSのパワーを支える逞しいメカニズム
ブラックを基調にして甘さを抑えたインテリア
レーサー感覚の、小径365mmのウレタン製3スポークステアリング
安定した視界を確保する、イエローバルブ・ハロゲンヘッドランプ
アルミホイールもダーク系のボディカラーに栄えるよう、シルバーメタリックでコーディネート
ダイハツ リーザ チャチャ・オキシーII 1988-5

ChaCha
エアコン&ステレオ付特別仕様車
4速マニュアル/オートマチック
&
OXY II
エアロパーツ付ターボ特別仕様車
5速マニュアル/オートマチック(ロックアップ機構付)
ダイハツ リーザ チャチャ・TR-ZZ 1989-2

ChaCha
こんどのリーザの、粋なチャチャ

TR ZZ
スーパー・プロポーション
街がふりかえる。風が嫉妬する。
ダイハツ リーザ チャチャ・TR-ZZ 1989-10

ChaCha
エアコン&AM/FM HiFiステレオ付特別仕様車

TR-ZZ
繊細なるエアロ・フォルムに身を包んだ、
リーザTR-ZZ
ダイハツ リーザ 660 L111S 1990-8

エアコン&AM/FM Hi-Fiステレオ装着車
リーザ660ChaCha(チャチャ)新登場

エアコン付スポーツ仕様車
リーザ660OXY(オキジー)新登場

広告キャラクターは「早見 優」
ダイハツ リーザスパイダー ターボ 1991-11

L111SK型

ツーシーターのオープンカー

幌は手で押し下げる(引き上げる)だけでスムーズに開閉可能
ダイハツ オプティ L300S/310S 1992-1

超ラブリー
りえのオプティ誕生

丸みのある、やわらかいフォルム

デビュー時は3ドアタイプのみ

広告キャラクターは「宮沢 りえ」
ダイハツ オプティ L300S/310S 1992-9

なめらかな面と面がつくりだすボリューム感
触ってみたくなるような、温もりのある美しさ

12バルブEFIエンジン
滑らかな乗り心地の4輪独立懸架サスペンション
より安全で確実なブレーキングのためのABS
ダイハツ オプティ L300S/310S 1993-8

大きなやさしさのミニセダン

キュートなスタイル

5ドアと新グレード「ピコ」新登場

エンジンは優れた信頼性の660ccEFI
ハイグレードな乗り心地を生む4輪独立懸架(FF車)採用
ダイハツ オプティ L300S/310S 1995-10

流行を追わない人のクルマ
人生を愛する人のクルマ
心地よさにこだわる人のクルマ
見かけより中身で選ぶ人のクルマ
時間を大切にする人のクルマ
クオリティがわかる人のクルマ
ダイハツ ムーヴ・ハローキティ 1999-4

ムーヴに乗ったキティちゃん

エンブレムやサイドでカールなどエクステリアだけでなく、
専用ドアノブ、専用マスコットキー、ベンチシート&専用シート表皮、専用ヒーターコントロールパネル、専用メーター

あらゆる所に、「ハローキティー」のキャラクターがいっぱいだ
ダイハツ コペン L880K 2002-7

2シーター軽自動車の「ワンダフルスポーツ」
世界最小電動開閉式ハードトップ・オープンスポーツ

ツインカム16バルブEFIターボエンジンは最高出力64ps/6,000rpm
駆動方式はFF車
ダイハツ コペン L880K 2007-5

ワンダフル スモール
一体感に満ちあふれる痛快な走り

樹脂製ルーフでさらなる軽量化を達成
30kgのウエイトダウン
全身走りに徹したディタッチャブルトップ仕様
熱い走りの意志を明快に謳うリヤスポイラーも装備
ダイハツ コペン ULTIMATE EDITION 2007-5

「究極」の名を持つCopen
特別仕様車「アルティメットエディション」登場

ビルシュタイン製ショックアブソーバー、BBS製アルミホイール、レカロシート、MOMO製本革ステアリングホイール装備
ダイハツ コペン アルティメットエディションII 2008-12

さらなる究極を目指した特別仕様車

ブラックメッキフロントグリル、クリアクリスタルリヤコンビランプ、アルティメット専用サイドエンブレム、クリアハイマウントLEDストップランプ&クリアボディサイドターンランプなど装備
ホワイトメーターはスポーティ感を放つ

走りの装備は、ビルシュタイン製ショックアブソーバー、BBS製アルミホイール、momo製本革ステアリングホイール、レカロシートはヒーター付き
ダイハツ コペン 10th Anniversary Edition 2012-4

発売10周年アニバーサリーエディション

アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルNo.付)、ブラックメッキフロントグリル、本革製スポーツシート、本革製スポーツシート用ドアトリム、メッキパーキングブレーキレバーボタン、メッキインナードアハンドル、BBS製15インチアルミホイールなど装備
旧車カタログ博物館 トップページへ戻る