旧車カタログ博物館 ホンダ(バイク) オフロード


旧車カタログ博物館 トップページへ戻る

ドリーム SL350 1970-1
本格派モトスポーツマシン!
キャブとマフラーが黒塗りの精悍なマシンです
エンジンはOHC2気筒325cc 最高出力30ps/9,500rpm

ホンダ SL175 1970-6
ユニークな排気量に、強じんなフルダブルクレードル、精悍なコブラマフラー
荒野とラフロードで豪快、ハイウエイと市街地で軽快なオールラウンドの魅力

ベンリイ SL90 1969-8
正統派スクランブラー
ホンダ独自の新設計特殊ダブルクレードルフレーム
エンジンはOHC単気筒89cc 最高出力8ps/9,500rpm
エンジンを守るストーンガード付き

ホンダ SL230 MD33 1997-3

森のなかで美しく、街のなかで洒落ているスタイリング&カラーリング
オンを走り、オフを遊ぶ<SL230>

ホンダ SL230 MD33 1998-2
オフロードで力強く、オンロードで滑らかに
空冷4サイクルOHC単気筒エンジン
223cc・20ps/7,500rpm
乾燥重量105kg
自然のなかで美しく、都市にあって洒落ているSL230デザイン

ドリーム CL250/350 1970-2
疾走のCL!タフでダイナミックなストリートスクランブラー!
フロントフォークは衝撃吸収のよいテレスコピック
ハンドルはバー付のアップスタイル
空冷4サイクルOHC・2気筒2キャブ
249cc・27ps/10000rpm(250)
325cc・33ps/9500rpm(350)

ベンリイ CL175 1970-1
CLシリーズに175cc新登場
フロントフォークは衝撃吸収のよいテレスコピック
4サイクルOHCエンジンは並列2気筒で、中低速重視
174cc 2気筒2キャブ
最高出力19ps/10,000rpm
マフラーには華麗なプロテクターが付く

ベンリイ CL135
ラフロードからハイウエイ走行もOK
<スペシャル・マシン>135登場!!
4サイクルOHC136cc 2気筒2キャブ
最高出力14ps/10,000rpm
アップマフラーのレイアウトも精悍なCL設計

ホンダ 新製品 ベンリイ CL125 1966年
道を選ばない!軽快なスクランブラー
バリバリ乗りまわせる強力エンジン
空冷式OHC2気筒・125cc・13.5ps/10,000rpm
パイプフレームは鋼管製バックボーン型
アップ型のマフラーは不整地走行時にも路面と接触しない

ベンリイ CL125 1969-7
たくましく乗るための、ダイナミックスクランブラー
フな性能を誇る4サイクルOHC直立エンジン
124cc・2気筒2キャブ
最高出力14ps/10,000rpm
悪路、不整地向きのフレーム、サスペンション

ホンダ 新製品 ベンリイ CL90 1966年
軽快!90ccスクランブラー
CS90で定評のあるエンジン、フレームを悪路・不整地向きに設計
粘り強いOHCエンジン
正確なリターン式ミッション
悪路走行にもラクなアップハンドル

ベンリイ CL90 1969-9
あらゆる道を軽快に走るジュニアスクランブラー
前傾75度冷却効率が良くねばり強い4サイクルOHCエンジン
最高出力8ps/9,500rpm
最高時速95km
登坂力20度

ホンダ ベンリイ CL90 1970-5

ヤングワイルド!!
タフネスを誇る90ccsクランブラー!!
OHC単気筒89cc・9ps/9,500rpm
最高時速95km
登坂能力26.1度

ベンリイ CL50/65 1968-9
スポーティに楽しめるフレッシュな軽量車
過酷な使用に耐える4サイクルOHCエンジン
最高出力5.2ps/10,200rpm(50)
最高出力6.2ps/10,000rpm(65)
悪路に強いライディングポジション

ベンリイ CL50/70 1970-7
ティーンライダーの<スポーティ>スクランブラー
性能もスタイルも思いきりフレッシュアップ
ラフロード走行に、剛性の高い軽快なCL設計
タフで力強い4サイクルOHCエンジンは、最高出力5.2ps/10,200rpm(50)、6.5ps/9,500rpm(70)
リヤサスペンションには、安定したスイングアーム

ベンリイ CL50 CD50型 1997-3
お洒落で楽しいシティ・スクランブラー
タフ&フレキシブルな、4サイクルOHCシングルエンジン
49cc・4.0ps/7000rpm
メンテナンスフリーバッテリー、オートカムチェーンテンショナー、CDI点火方式など採用
4段ロータリーチェンジ変速

XLV750R RD01 1983-8
脅威のVツイン、ザ・キング・オブ・ランドスポーツ
オフロード設計の空冷45度Vツインエンジン
ドライサンプ方式+オイルクーラー
OHC3バルブ・749cc・最高出力55ps/7,000rpm
フロント・エアサス、リア・プロリンク・エアサス、リアフォークはドライブシャフト兼用

HONDA AFRICA TWIN アフリカ・ツイン RD03 1988-5
パリ-ダカールラリーが、このマシンを生んだ
このマシンの全身には、アドベンチャースピリットが溢れている
650ccビッグVツインエンジンは最高出力52ps/7500rpm
フレームは角型ダブルループタイプ
35/35Wデュアルヘッドライトを装着
500台限定販売

AFRICA TWIN アフリカ・ツイン RD04 1990-2
「砂漠の英雄。」
パリ・ダカを第8回から第11回大会まで、4連続して優勝を収める偉業を達成したホンダNXR750。この地上最強のオフロードマシンNXRの資質をそのまま受け継いで、パリ・ダカールの熱い空気に思いを寄せる冒険的ライダーのために誕生したのが、アフリカツインだ。
OHC3バルブV型2気筒・742cc・57ps/7500rpm

TRANSALP 600V 1987-3

トランザルプ600V
フランス版

トランザルプ600V PD06 1987-3
上記フランス版に併せた日本語版

ホンダ FT400/500 NC09/PC07 1982-5
オンで、ダートで、ガッツな走り
フラット・トラッカーイメージのニュースポーツバイク
ビッグ・トルクを生み出す4サイクル・4バルブ・2エキゾースト
OHC単気筒・398cc・27ps/6500rpm(400)
497cc・33ps/6500rpm(400)
FTに初採用!2モーション始動機構を装備

ホンダ XL250 1975-6
エンジンは4サイクルOHC強力シングル
248cc 20ps/8,000rpm
視線移動の少ない位置と角度にセットしたニ連型メーター
ラフロードで走破が楽なロングストロークのサスペンション

ホンダ XL125 1976-6
軽快なオンロードと、ダイナミックなオフロードのデュアルパーパス感覚を味わえるマシンです
エンジンは4サイクルOHCシングル
見やすく、読み取りやすい二連型メーター

ホンダ XL250S L250S型 1978-6
新・XL250S。オールラウンド、その走り!
軽量119kg(乾燥重量)
4サイクル4バルブOHCエンジン
イグニッションはCDIシステム
フレームは、新ダイヤモンド・タイプ

ホンダ XL125S L125S型 1978-9
走りっぷりが違う!オールラウンドマシン
さまざまな道に対応できる設計と本格装備
目を引く精悍なスタイル
シフトも小気味よく決まる6段ミッション

ホンダ XE-50/75 1977-4
クロスカントリー派のXE
パワフルで信頼性の高い4サイクル新設計エンジン
4.5ps/9000rpm(50)・6.0ps/8000rpm(75)
4速リターン
マフラーはスリムな形状のミドルアップタイプ
カントリーロードに輝く、充実した数々の装備

ホンダ XE50-II/XE75-II CE50/CE75型 1978-3
5段ミッションに進化しました
75はダブルシート(50はリアキャリア)
手元に集中させたスイッチ類はグリップから手を離さずに操作できます

ホンダ XL500S/250S/125S 1980-2
PD01/L250S/L125S
その走り、オールラウンド
XL125S
都会に野生の走りを運んできた
ゆとりのトルクと底知れないスタミナ
6段ミッション

ホンダ XL500S/250S/125S 1980-9
驚くべき踏破力が、軽快な操縦性が、ランドスポーツの世界を大きく広げる
エキスパート・ライダーの技量を存分に引きだす、豪快ビッグ・シングル、XL500Sが、性能・装備をさらに高めて登場
最大トルク3.8kg-m/5000rpm、最高出力31ps/6500rpm
500単とは思えない、軽快な身のこなし

ホンダ MT50/XL50S/XL80S 1980-5
AD01/AD03/HD04
MTはスーパー2サイクル
6.5ps/8000rpm
XLはタフネス4サイクル
4.5ps/9000rpm
エンデュランス走行で際立つ耐久性、そして低燃費

ホンダ シルクロード L250S 1981-3
現代の夢多き大人たちのために「シルクロード」登場
スーパーローギアをはじめとする数々のトレッキング仕様
大型燃料タンクにはワンタッチ式キャップ
チェーンは寿命が長い、オイル封入式のシールドタイプ

ホンダ シルクロード L250S 1982-7
「シルクロード」6,700キロを走破
エンジンは空冷OHC4バルブ単気筒248cc
最高出力20ps/7,500rpm
低中速は粘り強く、高速で伸びがある
リッター50kmの低燃費

ホンダ XL250Rパリ・ダカール MD03 1982-7
XL500R改、'82パリ=ダカールラリー総合優勝
アドベンチャーバイク「XL250Rパリ・ダカール」
大地を、荒野をスペシャルステージに変える
長い旅に備える21リッターの大型フューエルタンク
革新の足、プロリンク・サスペンションの際立つ走り
4サイクル4バルブOHCの逞しいパワー

ホンダ XL400R/250R/125R ND01/MD03/JD04 1982-12

地球はXLの道でいっぱいだ。

ホンダ XL250R MD03 1984-7
待望の<プロ・リンク>装備
出力アップされた4サイクル4バルブOHCエンジン
22ps/7500rpm
ロードでも、荒野でも、XL250Rはオールラウンドな走りっぷりを見せる!

ホンダ XL200R MD06 1982-10
軽量・コンパクトなボディに、4サイクルモトクロッサーXR200Rの血を継ぐハイパワーエンジン搭載
OHC単気筒・194cc・18ps/8000rpm
乾燥重量106kg
ホンダ独創のプロリンク・サスペンション
軽くて、強靭。高張力鋼管のスイングアーム

ホンダ XL200R MD14 1985-4
デザインをワイルド&センシブルに一新
フロント・ディスクブレーキ、リザーバー付リアダンパーなど、装備類をグレードアップ
さらにXRタイプの小型・角型ヘッドライトや小枝やブッシュ、雨風から手を保護するナックルガードなど装備

ホンダ XL125Rパリ・ダカール JD04 1983-3
ビギナーにも扱いやすい性能ながら、装備は本格派
定評の4サイクルOHC単気筒エンジン
点火方式は無接点式CDI
フューエルタンクは17リッターのビッグな容量
プロリンク・サスペンションは大地の起伏を的確にとらえる
微妙な走りを引き出す本格6段ミッション

ホンダ XLX250R MD08 1983-4
大地の走りを革新した、スーパー4サイクル・ランド・スポーツ
ホンダ独創の<RFVC>エンジンを搭載
出力特性はピークパワーよりオフでのトラクションを活かせる常用域での瞬発力を重視
徹底した軽量・コンパクト設計
メンテナンス性へのきめ細かな配慮

ホンダ XLR250R MD16 1985-4
OHC4バルブ単気筒・249cc・28ps/8500rpm
乾燥重量113kg
プロリンク・エアサス&エアアシスト・フロントサス

ホンダ XLR250R MD20 1986-11
ランドスポーツ・リーダー、ニューXLR250R
軽量・コンパクトなRFVCシングルエンジン
OHC4バルブ単気筒・249cc・28ps/8500rpm
乾燥重量111kgの軽量・スリムなボディ
プロリンク・エアサス&エアアシスト・フロントサス
機能的なランドスポーツ・エクイプメント

ホンダ XLR BAJA MD22 1987-11
BAJA(バハ)
それはメキシコ・カリフォルニア半島を縦断する、アドベンチャーラリー
大光量ハロゲン・デュアルヘッドライト、リアディスクブレーキなど実戦から生まれたノウハウで武装

ホンダ XLR250R MD22 1989-1
ニューXLR250R
エンデューロレースゆずりの強心臓
ワイドレシオの6速ミッション
ボディには、徹底した軽量化・スリム化がはかられている

ホンダ XLR250R/XLR BAJA MD22 1989-12
XLR バハ
過酷な走行条件下でも安定したエンジン回転をもたらすオイルクーラーの装備
ヘビーデューティな雰囲気を盛り上げるアルミ製ヘッドライトガード付きデュアルヘッドライト

ホンダ XLR250R/XLR BAJA MD22 1990-12
その持てるクオリティとスピリットをよち高め、今ここにデビュー
空冷4サイクルRFVCエンジン
OHC単気筒249cc・28ps/8500rpm

ホンダ XLR250R MD22 1992-1
NEWカラー
XRゆずりのパワーユニット、空冷4サイクルRFVC単気筒エンジンは、優れた吸排気効率と燃焼効率を誇り、スペックを超えたパフォーマンスを発揮する

ホンダ XLR80R HD10 1987-7
新発売
オン&オフロード・ライディングがマルチに楽しめる。
リトル・エントリーマシン

ホンダ AX-1 MD21 198-11
生・活・コ・ン・ポ
水冷4ストローク・セル付のブランドニュー・エンジン
ライト・スリム・コンパクト

ホンダ CT110 JD01 1981-10
通称「ハンターカブ」
まさにヘビーデューティを絵にしたバイク
持ち前のタフな行動力が、山へ、河へ、渓へ、森へと誘います
エンジンはOHC105cc 最高出力7.6ps/7500rpm

ホンダ エルシノア MT250/125 1976-4
ホンダの2サイクルマシン
タフでフレキシブルなエンジンは最大出力23ps/6500rpm
車両重量128kg(250)
ラフ地に強い「CR」ゆずりの足回り

ホンダ エルシノア CR250M 1975-1
厳格なレース仕様の実戦派モトクロッサー
2サイクルエンジンは、248cc単気筒、ピストンバルブ型の6ポートシリンダー
最高出力34ps/8,000rpm
リアの「バリアブルピッチタイヤ」は、3種のパターンを効率よく4群配列したオールラウンドタイヤです

ホンダ エルシノア CR250R 1978-1
ワークスRCの技術が注がれています
新設計”RED FIRE”エンジンは、超コンパクトで軽量
勝つため!の新設計

ホンダ エルシノア CR125M-II 1976-2
市販モトクロッサー
新設計エンジンで中・高速域が一段と向上
2サイクル単気筒123ccエンジンの最高出力は24ps/10,000rpm

ホンダ エルシノア CR125M-III 1977-2

赤(レッド)は自信だ。
即戦力のモトクロッサー

ホンダ CR125R エルシノア 1978-10
勝利へ!赤い弾丸。
ハイパワー、ワイドトルク。軽量、コンパクト設計。勝つための新エンジン。
2サイクル単気筒ピストンリードバルブ
124cc・25ps/10,000rpm

ホンダ CR250R/CR125R/CR80R 1981-2
鮮烈!勝利の赤。
'81ニューモデル
ついに搭載。高出力水冷エンジン搭載。
2サイクル単気筒・125cc・41ps/7500rpm
フロント・セミ・エアサスペンション
<プロ・リンク>サスペンション搭載

ホンダ CR250R/125R/80R 1988
ME03/JE01/HE04
CR250R
50ps/8500rpm
4.38kg-m/8000rpm

ホンダ CR250R/125R 1988-8
さらに走りのクオリティを高めたCRシリーズ'89
低中速トルクをさらにアップしたCR250Rの新・パワーユニット
50ps/8000rpm
4.74kg-m/7500rpm

ホンダ CR250R/125R/80R 1991-7
勝つためのマシン'92CRシリーズ
新排気デバイス「CRV」採用のオールニューエンジン(CR250R)
51ps/8000rpm
4.77kg-m/7500rpm

ホンダ CRM250R MD24 1989-4
新登場
純・プロスペックマシン
2ストロークエンジン
CRバルブ搭載、新・パワーユニット
単気筒246cc
37ps/8500rpm

ホンダ CRM50/80 AD10/HD11 1990-3
本気で遊べるカジュアルモトクロッサー

ホンダ CRM250R MD24 1991-3
ホンダのモトクロッサー”CR”シリーズ
2ストローク・250cc・フルスケールマシンの決定版
単気筒246cc・40ps/8000rpm
ホンダ独自のPGM・DC-CDI点火方式
エンジンのパワーを存分に引き出す新設計6速ミッション

ホンダ XR250 MD30 1998-3
豪快、軽快、ダート・パフォーマンス
プレイ&エンデューロ
「XRスピリット」を継承する、正統派の走り
軽量・コンパクトでタフな強心臓、空冷4サイクルRFVC単気筒エンジン

ホンダ ミニ・エンデューロ XR80 1978-10
4サイクルエンジンの安定したパワー特性は、スタミナを要求されるエンデューロ・ランで真価を発揮

ホンダ QR50 1982-9
AE01型
子供用のオートバイ
CRの流れをひくモトクロッサースタイルのデザイン

ホンダ MTX200R MD07 1983-1
ランドスポーツの新たな頂点、MTX200R誕生
ハイポテンシャルのパワーユニット
最高出力26ps/7500rpm
ホンダ独自のATAC機構。エンジン回転数にあわせて自動的に排気チャンバーの容量を変え、ワイドなパワーバンドを達成
全身にいきわたる純オフロード仕様

ホンダ MTX200RII MD13 1985-1

さらに逞しく進化した最高出力28馬力のハイパワー・2サイクルエンジン
新設計プロリンク・リアサスペンション、新採用のフロント・ディスクブレーキ
軽量ボディと合わせて一段と走破力を高めている

ホンダ MTX125R JD05 1982-10
125ccオフロードマシンの究極を求め、ホンダがニュー・テクノロジーを託して贈るMTX125R
ホンダワークスRCレーサーのコンセプトを体現している
125cc・18ps/7500rpm(リッター当り145馬力)
プロリンク・サスペンションの驚くべき走破力。フロント・エアアシスト・サスペンションと相まって、オンからオフへの俊敏な走り

ホンダ MTX80R HD08 1983-6
スーパー2サイクル・ランドスポーツ
79cc・11ps/8500rpm
フロント21インチ、リア18インチホイール採用のフルサイズボディ
ドライウェイト89.5kgの軽い車重

ホンダ MTX50 AD04 1982-3

独創のサス、プロリンク
画期的な「H・E・R・P」装着、ホンダ2サイクルエンジン
49cc・6.5ps/7500rpm
ストローク170mmを達成
リーディングアクスルフロントフォーク

ホンダ MTX50R AD06 1983-12
125ccにひけをとらないフルサイズボディ
水冷2サイクルエンジン
49cc・6.2ps/6500rpm
実戦で鍛えぬかれた足、プロリンク
視認性のすぐれたタコ/スピード一体式メーター

ホンダ MTX50R AD06 1985-10
さらにハイパワー化
7.2ps/8500rpm
余裕ある低・中速トルクも実現
新採用の6速ミッション

ホンダ バイアルス TL250 1975-10

高いトータルバランスを得たエキスパート・トライアルスマシン

セミダブルクレードル・フレーム
軽量なEM形アルミリムを採用

4サイクルOHCエンジン
忠実なレスピンス、フラットなトルク特性
248cc・16.5ps/7000rpm

ホンダ バイアルス TL125 1974-7
真のトライアルス・マシンは、すぐれたロード・マシンでもある
TL125は、このまま、まったく手を加えることなくトライアルス・ゲームに参加できる
大自然がつくった、さまざまな地形
そのすべてがTL125で走る舞台
タンクキャップはブリーザーパイプ付き
ブレーキは防水性に優れている

ホンダ バイアルス TL125 1975-7
ツーリングからトライアルスまで参加できる機能を備えた4サイクル・トライアルスマシン
大きな段差もスムースに乗り越えられる
OHC単気筒124cc・8.0ps/8000rpm
トライアルレシオの5段ミッション

ホンダ BIALS TL50 1976-10
トライアルマシンにふさわしい新設計4サイクルOHCエンジンを搭載
最高出力4.2ps/9500rpm・最大トルク0.36kgm/7500rpm
直線的で幅が広く、扱いやすいハンドル
ニーグリップしやすいタンク形状
本格的なスキッドプレート装着で、エンジンを保護する
防水性が高く、回復性のよいブレーキライニング

ホンダ BIALS TL50 1978-3
カラーリングなど変更
さまざまな地形の変化を、果敢にトライする高性能4サイクルマシン
オンロードもオフロードも楽しめる
ミドルアップタイプのマフラーは排気口が高く、水中走行のトラブルを少なくしている

ホンダ ihatovo イーハトーブ JD03 1981-4
自然讃歌、「イーハトーブ」
宮沢賢治のことばを、その名に用いたこのマシンは、自然の中にとけこみ、自然を味わいら楽しみながら走るツーリング・マシン

ホンダ ihatovo イーハトーブ JD03 1981-7
ツーリング&トライアルプレイが楽しめるトレッキングバイク
新4サイクルOHCエンジンに新CDI装置をプラス
すぐれた操縦安定性、走破性を実現したセミエア・フロントサスペンション
シート後方にライダーズバッグを標準装備

ホンダ TLR200/TL125 MD09/JD06 1983-4
最高峰!ザ・ベストパフォーマンス・トライアラー
コンペティションにおいて、高い戦闘力を発揮
全身に、軽量・スリムを徹底追及
高い戦闘力・フラットトルクのOHCシングル・パワー
幅広い走りを支える足まわりと、機能優先の装備群

ホンダ TL125 JD06 1988-2
オールラウンド・トレッキング・マシンTL125
4サイクルOHCエンジン
しなやかな走りを体感させる、フレーム&足まわり

ホンダ TLM220R MD23 1988-3
新登場
新世代トライアラー
2サイクル・スポーツマシンの頂点を目指す"プロスペック"

ホンダ TLM220R MD23 1992-1
HRCワークスマシンの豊富なノウハウから生まれたTLM
パワーユニットには、すぐれた燃焼効率を誇る半球型燃焼室採用の空冷2サイクルエンジンを採用
電装は軽量化にも貢献する先進のバッテリーレス設計

HRC ホンダ・レーシング RTL250S TLM250R ’88
実戦のノウハウを頂点に熟成させたRTL250S
駆り手を選ばないオールマイティな戦闘力を秘めたTLM250R

HRC ホンダ・レーシング TLM260R ’90
’90モデルTLM260R
実戦のノウハウ投入した全面的な新設計は、ワークスレプリカの名にふさわしい戦闘力を生んだ。
空冷2サイクル単気筒エンジン
17ps/5000rpm

HRC ホンダ・レーシング TLR260 1993
かつて世界選手権トライアルを制したHRCが、再び"世界"を見据えて始動
空冷2サイクル単気筒エンジン
261.3cc・22ps/5500rpm
上部にいくほどスリムになっている、シートとフューエルタンクの形状

HRC ホンダ・レーシング RTL50S 1987年9月
フルサイズのRTL250Sをボーイズサイズにスケールダウン
RTL250Sの基本コンセプトはしっかり受け継いでいるので、トライアルマシンとしてテクニックを駆使することが出来る
もちろん公道走行は不可

旧車カタログ博物館 トップページへ戻る